谷 好通コラム

2021年09月23日(木曜日)

9.23.頼もしい大人たち

亡母に関わることは今日で最後にします。

母が老衰で息を引き取る時期が近いと老人ホームから連絡をもらい、

その日のうちに息子と娘にも一応連絡をしたのですが、

まさか、その次の日に駆けつけるとは思っていませんでした。

しかし、そのおかげでまだ息のある内に母と会えたのは本当に良かったです。

それから翌日、息を引き取った母を式場に安置し、

お通夜を経て葬儀に至る昨日まで

亡母が眠る脇に泊まり込んでくれたのは、

最初の日が弟、次の日から二日間息子と娘が率先してくれました。

人の役に立つことを率先してくれるようなったことが私は大変嬉しく、

母もきっと喜んでくれると思い、

大役を我が息子と娘に託して、私と妻は休ませてもらいました。

式の打ち合わせなどにも積極的に発言してきて、私たちを助けてくれてました。

 

考えてみれば二人とも40歳をゆうに越していて、

もう立派に大人なのだから、

当たり前と言えば当たり前なのかもしれないが、

不意に頼もしい姿を見せられて、

私は自らの年齢と存在位置を改めて思い知らされた思いです。

 

母の弔事が機会になって、

次世代の二人に対する見方と姿勢がかなり変わりました。

お互いの生き方、考え方には当然違いはあっても

私の姿勢が変わって、大人同士のコミュニケーションが取れるようになって、

はじめて、まともな関係になったのかもしれません。

 

亡き母に感謝です。

 

この話とは関係ありませんが、

陸ガメのトンボは、犬のリンダが大好きなようで、

一緒の庭にいる間じゅう、ずっとトンボはリンダの方を見続けて、

ちょっとでも近づきたい仕草をして、大好きさをアピールしていました。

Posted   パーマリンク

2021年09月23日(木曜日)

9.23.ありがとうござました。

一昨日、18時からお通夜を

昨日、午前10時から亡母の葬儀を執り行いました。

新型コロナ禍の緊急事態宣言中でもあり密を避けるため、

また本人の生前の意志もあり、

最小限人数の家族と近親者だけで、

通夜から葬儀まで一貫して「家族葬」として執り行いました。

 

にもかかわらず、皆様には大変たくさんのご供花とご弔電を賜り、

家族一同、感激しております。

お花が大好きであった亡母も、

会場からはみ出し、道路にまではみださんばかりに並んだお花の列に、

どれだけ喜んでいるか、母の嬉しそうな顔が目に浮かぶようです。

また、皆様の心のこもったお言葉が記され、

嗜好を凝らしたご弔電に母はさぞかし喜び、家族は心が癒されました。

皆様のありがたいお心遣いを、深く、深く感謝申し上げます。

 

会場はお花に溢れ、でもあくまでも少人数の参列者での葬儀でしたが、

心のこもったお式を、

8名の家族と、8名の近親者で

JAやすらぎセンターの河野さんの司会と、

共和の円通寺さんの住職さんのお導きで厳かに執り行っていただきました。

円通寺さんには、約20年前に亡くなった父と、

母が70年余り前に初めて産んで、しかし残念ながら

生後4か月で亡くなった私の知らない兄が弔われた谷家のお墓があります。

今の若いご住職と、

先代のご住職までがご不自由なお体をおして来られ、懐かしいお声で経を読まれ、

私たちも大変驚き感激しました。

 

皆様のご厚情のおかげをもちまして、

亡母「谷えつ」の葬儀を無事に執り行い、送り出すことが出来ました。

深い感謝の気持ちと共に、ご報告申し上げます。

 

喪主  谷 好通

Posted   パーマリンク

2021年09月21日(火曜日)

9.21.家族が揃う日

娘は遠く北陸の富山大学に行って、

卒業し一旦は愛知に帰ってきたが、

大学で縁があった人のもとに嫁いでいって富山に住んでいる。

 

息子は若い時に東京に住んで、そのまま東京から離れたくないという。

大抵どこの家も同じようなもののようだが、

親が高齢になる前に、子供たちは親の元を離れ

それぞれの生活を持って生きて行く。

親子三代が一緒に住む家は珍しくなってしまいました。

 

みんなが豊かになったから、

一緒に暮らして助け合わなくても

一人一人が自由に暮らせるようになったので、

お互いに気を使って、我慢することもある共同生活を解消して

みんなが、便利で面白い都会に出て独り立ちするようになったのでしょうか。

 

私の家も子供たちがいなくなってもう20年余り経って、

みんなが集まる機会もそんなに多くはなく、

お互いの自分の仕事や生活に気を取られて月日が経ち、

年取って、気が付くと、

自分たちの親の代の人はほぼ亡くなりいなくなっていた。

そして自分たちの代の横のコミュニケーションもほとんど途絶えて

慶弔の時だけの接触になっている。

それでも、お互いに友達以上の血の繋がりを思い出させるものを持っているが、

私たちの次(子)の代では、もう、それも続くとは思えない。

 

三世代とか四世代が一緒に住む家庭は、すごく少なくなった。

二世代家族でも、

子供は、生活力あるいは必然性があれば、早々に家を出てゆく。

世の中に老夫婦だけの家がいかに多い事か。

しかし、人が薄情になった訳ではなく、

世の中全体が豊かになって、人が別々に暮らしても、

不自由なく生活して行けるようになったからだけなのでしょう。

 

それに昔は、5人兄弟とか6人兄弟が普通にいて、

血縁関係の横のネットワークが大きくて、結婚式や葬式も数多く、

集まる親戚の数も多かった。

だから普段はバラバラでも、親戚が集まる機会も多かったが、

今は少子化で、

兄弟の数が極端に少なくなり慶弔で集まる機会も少なくなった。

そして個人価値観として親戚づきあいを疎ましく思う人も多くなって、

いよいよ血縁関係を縁としたコミュニケーションが無くなりつつある。

 

今回は私の母の弔事を機会として、

久し振りに親子四人が一つの空間に集まった。

その時の空気と四人の心が

奇跡のように透き通ったような気がした。不思議だった。

Posted   パーマリンク

2021年09月20日(月曜日)

9.20.身長が150cmも無いくらい小さい方で

私の母は、身長が150cmも無いくらい小さい方で

子供の時は「チビ、チビ」といじめられたと言っていました。

 

私が生まれたのは1952年、体の大きい方の赤ん坊だったそうです。

すくすく育った4歳の時、

世の中に小児マヒが大流行している頃、

私は脊髄性小児麻痺(ポリオ)がうつってしまいました。

左足が萎えてしまった私を小さな母はおんぶして、

ほとんど毎日、歩いて1時間もかかる共和駅まで歩いて連れて行き、

電車に乗って安城の厚生病院に通って、

嫌がる私に電気マッサージを受けさせてくれたのです。

 

そのおかげで、私の左足は最小の後遺症が残るだけで済んだのです。

おかげで高校生の時には柔道初段まで取りました。

18歳の時には広いスタンドを走り回るトラックステーションで

アルバイト店員までやるくらい普通に生きてくることが出来ました。

その頃はこれが私の一生を決める事なんて思っていなかったのですが、

そのおかげで、今の私があると言っても構いません。

 

150cmもないチビの母が、4歳の大きめの私をおんぶして

毎日、往復2時間の田舎道を通ったのです。

 

最小の後遺症と言っても、健常者のようなことは出来ません。

何か出来ない事があって泣き言を言うと、必ず厳しい言葉で突き放されました。

変に同情して甘い事を言ったのでは、この子の為にならないので

歯を食いしばって厳しく当たったと他の人から聞いたことがあります。

おかげで、

私も、とりあえずちゃんと大人になれて、

こんな風に育つことが出来ました。

 

私の心の基本は、間違いなくあの頃出来ました。

私は母に心から感謝しています。

その母が昨日94才で亡くなりました。

とっても静かなおだやかな最後でした。

Posted   パーマリンク

2021年09月18日(土曜日)

9.18.台風当日、新店「KeePer LABO蒲郡店」オープン

史上初めて福岡に上陸したという台風14号が、

ギリギリ台風の勢力を維持し、迷走しながら愛知近くを通過する時、

KeePer LABOの新店「蒲郡店」がオープンしました。

直営店としては87店舗目、FC店も含めると98店舗目(の、はず)

 

靴流通センターの居抜き改造物件で、

別に何も関連は無いのだが、

靴流通センターの居抜きは、宝塚店、郡山店に続いて3店目です。

愛知県はKeePerの発祥の地なので、県としては店舗数が一番多いが、

蒲郡市、西尾市、吉良町など三河湾沿いの地域が空白であった。

それが今回の新店で埋まった形だ。

店長は豊橋店で驚異的な実績を上げた畑田課長をはじめに精鋭のスタッフ4名。

 

午前中に台風14号が蒲郡の上を直撃する中、

午後5時の時点ですでに8万円あったらしい。

そして午後9時を過ぎてもまだ最終実績を送って来ない。まだ作業中のようだ。

蒲郡は小さな市だが、なかなか大きなポテンシャルがあるようで、楽しみだ。

Posted   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.