KeePerインストラクターブログ

2022年08月16日(火)

2024年3月卒業学生向けインターンシップ!(棚橋)

2024年3月卒業学生向けインターンシップ、多くの学生さんに申し込み頂いています。

夏のインターンシップは7月~9月の間で、全国8カ所で開催しております。

 

東京会場でのインターンシップの様子です。

会社説明では、沿革や事業内容、今後の可能性、自分が経験させてもらった事など、

学生さんに分かりやすくお伝えします。

 

すでに他社さんのインターンシップに参加されている学生さんもおり、

皆さんとても熱心に参加され、意欲が高いと感じました。

 

KeePer技研のインターンシップは「ありがとう」と言ってもらえる技術力・品質は

どう生まれていくのかをコーティング技術1級者と一緒にコーティングをし、

体験してもらうプログラムです。

 

学生さんのお車にECOプラスダイヤモンドキーパーを私たちと一緒に施工します。

ECOプラスダイヤモンドキーパーは洗車だけで3年、

2年に1回のメンテナンスで5年の耐久性があります。

 

お客様にも大変人気なコーティングです!

 

今後長く働く上で、自分に合った会社を見つけることは本当に重要です。

KeePer技研のインターンシップでは実際にコーティングを施工していくので、

入社前にしっかり仕事内容を知ることができます。

コーティング後はものすごくキレイに!

 

学生さんに「実際に施工していくことで仕事の楽しさや大変さ、

お客様の喜びなどを感じることができた」と言って頂けました。

ピカピカになった愛車を撮影中♪

皆さん本当に嬉しそうでした。

 

これからKeePerの効果を体感してください!

コーティング施工後は、隣にあるキーパーラボ三郷中央店で店舗見学!

 

実際の現場や作業中のスタッフを見ることで、働くイメージを持つことができます。

 

 

お車をピカピカにするとお客様はものすごく喜んで頂けて、

施工する私たちもとても嬉しいです。

お客様満足(CS)と従業員満足(ES)が同時に実現できる、

とてもやりがいのある仕事だと思います!

 

ご興味のある学生さんはマイナビ2024 より申込みください。

 

今後も学生さんにKeePer技研のことを知って頂けるように、

私自身もっと勉強して正しく伝えていきます。

 

棚橋 渉

 

Posted by カテゴリー無し at 16時08分   パーマリンク

2022年08月13日(土)

人間は楽な道を選ぶ傾向がある【賀来】

先週、SUPER GT第4戦にて、KeePerロゴを纏ったGT500 37号車、

GT300 61号車がW優勝した記憶が、まだまだ鮮明に残っていますが、

同日に2輪レースの中で人気を誇る

『鈴鹿8時間耐久ロードレース 』が開催されていた。

 

その予選タイムをみてビックリしたのですが、

ポールポジションを獲得したTeam HRCが叩きだしたタイムは

「2分04秒934」と、とんでもなく速いタイムであった。

レースタイムというものは、「マシンの進化」「タイヤの進化」

そして一番大切な「ライダーの進化」によって、

どんどん速く更新されていくものであると改めて感じたのです。

 

ライダーの進化とは、その本人が速くなっていく事もあるが、

基本的には次世代のライダーによって、追い抜かれていく事が多いのです。

勝ってなんぼの世界ですから、チームは誰よりも速いライダーを乗せたがります。

まあ当たり前ですが。

 

なのである意味、レースの世界は無常です。

何年もエースライダーをしていて、何度もチャンピオンになったとしても、

それ以上に速いライダーがいれば、チームは速いライダーと契約をするのです。

まあスポーツは全部がそうなのですが。

 

ビジネスも一緒だと思うのです。

しっかり世の役にたち、仕事を沢山している人が、

正しいポジションについていき成果を上げていれば、

どんどん役職も上がっていきますし、給料も上がっていきます。

逆に慣れが出てきて、仕事をこなすようになったり、

仕事を翌日に回すようになっていくと、当然成果が出なくなっていくものです。

結果、いい仕事を任せられなくなるし、役職を失う事もあります。

 

野球で言うと、ベンチ落ち? 2軍降格?と一緒でしょうか。

だから、選手はもう一度レギュラーメンバーになるべく、必死に練習をするのです。

 

でも、仕事の場合は、だいたい部下に仕事ばかりさせ、

自分は楽をしてしまったケースが多いので、なかなか元に戻れない人が多い。

「楽を覚えると、なかなか元には戻れない」と言われますが、

まさにその通りなのです。

 

それは動物の本能なのでしょうがないのかもしれませんが、

楽な仕事を覚えるとなかなか戻れません。

 

人間は楽な道を選ぶ傾向があります。

君は「楽をしていませんか」

私は「楽をしていないだろうか」

 

この4人のプロドライバーは、楽は一切していない。

努力を積み重ねたから、この結果となりました。

 

さて、今週のラーメンは

北海とんこつ「純輝」 家族で来ている人も多く人気店です。

ここは美味いですよ。 柏店と千葉NT店の中間ぐらいに あります。

 

 

 

賀来聡介

 

 

Posted by カテゴリー無し at 22時08分   パーマリンク

2022年08月09日(火)

未来の一級資格者と現在の一級資格者(ししうちともひろ)

2022年8月8日、

本日もとても暑い一日でした。

明日も温度が上がりそうです、水分補給をしっかりし、

活動してまいります。

皆様もご自愛ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日のレース会場で、未来の一級資格者を発見しました。

一緒に働けるまで、全力でやっていこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと前ですが、5月にシュートボクシングの試合を

見に行きました。

新井ジョー選手を応援するために。

勝ちました。

新井選手は1級資格者で現場でバリバリにコーティングを

施工しています。

出会った頃からしばらくは連敗がつづき、

試合の後は信じられないくらい顔を腫らして洗車をしていましたが、

直近の試合にはすべて勝ち、9月はいよいよタイトルマッチ、

これに勝つと、行くはライジン、ONE、UFC、などなど、

本当に夢しかありません。

新井選手のハチマキにはこう書かれています。

『Never Give Up 痛みを愛せ』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色々な事を感じる毎日ですが、至らぬ自分を振り返る時間の中でも

キーパーラボにある言葉が支えてくれます。

『お客様、喜んでますか?』

現場も営業も変わらないなと、肝に入れて活動します。

 

東京営業所 鹿討 知宏

 

 

 

 

Posted by カテゴリー無し, 東京営業所 at 07時08分   パーマリンク

2022年08月07日(日)

2022 SUPER GT第4戦【賀来】

2022 SUPER GT第4戦 冨士です。

今回のレースは2ヶ月ぶりで、何か懐かしい感じがします。

 

まずは、予選結果

GT500 37号車は、3位

チームの方は、事実上ポールポジションと言っていた。

それは、予選1、2のチームは、ヨコハマタイヤを履いていて、

予選で速いタイムがでるセッティングだそうで、

長い決勝ではタイヤが持たないそうだ。

それなら決勝に大きな期待がもてる。

何と言っても、前回の富士戦は優勝目前で、

ペナルティーを取られてしまい、下位になってしまった。

今回はリベンジです。

 

GT300 61号車は、2位

0.017秒差の2位とは残念で仕方ないが、

こちらも決勝は大きな期待が持てそうだ。

 

こうなると、楽しみが2倍。ダブル優勝だったら最高。

と、ここまでは昨日中に書いています。

 

そして、本日は決勝

 

走る体制完璧の37号車

 

最後までセッチングに余念がない、61号車

 

いよいよ決勝スタート。

前半戦は、37号車、61号車共に、1位を狙えるポジションを快走。

500kmレースという事で、タイヤを温存しながら、抜群の速さを披露。

今年の4レース目という事でドライバーの相性も格段に良くなっているようです。

「これは本当に優勝狙えそう」

 

こうなると、とにかく大切なのはピットワーク(時間)。

走行中に5秒を引き離すのは大変ですが、

ピットワークのちょっとしたミスで5秒多くかけてしまうことはよくある事。

 

そうゆう意味では、今回のチームのピットワークは完璧だった。

給油量・給油時間・タイヤ交換など全てパーフェクト。

 

 

37号車は、最後のタイヤ交換後は、1位を独走。

61号車は、ラスト8ラップで逆転し、その後1位を独走。

そのまま、嬉しいダブルWINとなりました。

なかなかこんな場面はありません。

 

 

そして、37号車はランキングトップに躍り出る。

 

 

沢山のKeePerファンが喜んでくれました。

今日は、とにかくテレビ映像に「KeePer」が写りまくりました。

最高です。

 

 

賀来聡介

Posted by カテゴリー無し at 19時08分   パーマリンク

2022年07月30日(土)

ドイツSONAX社へ【賀来】

今週は、3年振りにドイツSONAX社へ行くスケージュールです。

行く前は、コロナ後初の海外出張なので、少し不安もありましたが、

それ以上に、コロナ禍にドイツ(海外)の人々が、

コロナと向き合っているかが知りたかったです。

 

当日、7月27日羽田より11時30分出発予定が、

いきなりトラブル発生。

ドイツの現地でストライキが発生し、24時間遅延。

24時間は遅延と言わんだろう・・・・・

 

 

そんなに待っていられないので、22時出発の便を探して、

やっとドイツに向け出発。既に12時間遅れています。

 

飛行時間は、ロシアのウクライナ侵略の為、

北極周りの航路しかないので、15時間かかってフランクフルトへ。

そこから、6時間待たされて、国内線で1時間かけてミュンヘンまで行って、

そこから車で1時間ドライブして、やっとSONAX社に到着。合計35時間の旅。

いや~遠かった。眠くてしかたありません。

 

 

そこから、SONAXのホフマン社長、幹部の皆さんと、

未来について大切な話をしてきました。

そして、翌日はSONAXDrピッチ・開発メンバーと共にと商品開発の打合せ。

 

 

私自身は、ドイツでの参加は初でしたが、商品開発の楽しさが良くわかりました。

 

そして本日、13時間のフライトで日本に帰国します。

弾丸スケジュールでしたが、会社にとっても、自身にとっても前進する事が出来ました。

 

さて冒頭にあった、「コロナとどう向き合っているか」の結論は、

コロナ禍は終わっています。

「ふつうの病気」ぐらいにしか思っていませんでした。

ウクライナ情勢もあるヨーロッパでしたが、

経済を活発に動かす事しか考えていませんでした。

 

日本ももう変化の時かもしれません。

「コロナはもう普通の病気と位置づけるべき」と。

 

さて、今週はラーメンは食べれてませんので、ドイツ料理です。

 

初日の夕飯は、肉料理と大量のポテト。

 

ディナーで食べた、白身魚のメイン料理。

 

 

ドイツの朝食は、おしいいパンと目玉焼きが私の定番です。

 

それでは日本に帰ります。

 

 

賀来聡介

Posted by カテゴリー無し at 19時07分   パーマリンク

【過去の記事へ】

ページのトップへ ページのトップへ

  • カテゴリーリスト

  • 最近の記事

  • カレンダー

    2022年8月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • リンク集

  • 過去の記事


  • RSS1.0

    [Login]


    (C) KeePer Giken. All rights reserved.