谷 好通コラム

2023年02月02日(木曜日)

02.02.まだサイレント期間なのに、この忙しさは最高に素晴らしい。

2月10日に2023年6月期の上半期決算の発表の開示があるので、

1月11日から2月10までが「サイレント期間」と言って、

機関投資家さんからのIR取材が禁止されています。

だから、この期間に他のたくさんの仕事をこなすことにしているのですが、

それでもこの期間は、それなりに余裕のあるスケジュールになります。

しかし、ちょっと自分で積極的に仕事を作ってしまうと、

たちまち予定が詰まってきて、

忙しくて、全然、サイレント期間らしくなくなってしまいます。

しかし一昨年の11月に手術を受けて、自分でも驚くくらい元気になって、

この忙しさも全く苦になりません。

苦にならないどころか、

楽しくて仕方ありません。

こういう感じが「元気になった」と言うことなのだとしみじみ思います。

 

仕事は本当に面白いですね。

でも、いつまでも元気に仕事が出来るわけではなく、

やりたいことを上げ始めればきりがなく

時間的な限度を自分で決めて、

そこまでに何をするのかを、

自分で決めてスケジュールを組み立てておく必要があります。

「そのうち、いつか」は、もう許されない時点にまで来ていることは確かです。

黄昏時に来ていることは間違いありません。

 

しかし、今日はこんなものを造りました。

(正確には佐伯デザイナーに造ってもらいました。)

 

こんな物も作りました。

(正確には中島デザイナー造ってもらいました。)

Posted   パーマリンク

2023年02月01日(水曜日)

02.01.「・・・・・お先に・・」「・・・   。。。・・・」

私は4才の昔からポリオで、

ずっとビッコで生きてきました。

だから、両足が普通であった頃のことは全く記憶にありません。

物心ついた時から、ずっとビッコだったのです。

だから、私にとってこの状態しか知らないので、これが私そのものなのです。

私とってビッコが普通なのであり、ビッコでない自分を知らないので、

人から「ビッコ」と言われても、

これっぽっちも傷つかないし、

侮蔑されているとも思わないし、差別されているとも全く思わない。

 

私は小学校から高校までの運動会での”かけっこ”では、

何人が一緒に走っても、必ずドベ(ビリ?)だった。

しかし数キロ走るような高校校内マラソンでは、ドベから2番目だった。

マラソンでの一番のドベは、高校生の頃の小川君(仮名)だったのです。

彼は心臓か何かが悪かったからなのか、どうか、分からないけれど、

小川君は、

マラソンの最初はそこそこ速いのですが、

途中から、顔色が青くなって、

失速して遅くなり、後ろに下がってきて、

とうとう最初からドベを走っていた私に追いつかれたのです。

私は追い越す時、

小川君に

「・・・・お先に・・ファイトッ!」と声をかけて、抜きました。

そうしたら、

小川君は私の方を睨みつけて、

「・・・・・・・・   。。。・・・」と、声にもならぬ声で何かに言いました。

えっ?何を言ったのかな。と思って、

ビッコで走りながら、もう一度小川君の方を見たら、

「うるさい、ほっとけ。」と言って睨むのです。

 

私は、「悪いことを言ったなぁ」と後悔しながら、

小川君の言っている意味はよく解かりました。

 

私もビッコのことで同情されることが大嫌いで、

誰か優しい人が私に「足が痛いね、大変ね、頑張ってね」なんと言われると、

「ほっとけ、」と思ったのです。

 

さらに小川君は、

たぶん、

「ビッコのお前にまで、同情なんかされたくないわ。」と言う意味で、

「うるさい、ほっとけ。」と、言ったのだと思いました。

 

もう50年以上も前のことですが、

苦しそうにマラソンを走っている小川君の表情を憶えています。

 

私は自分がそうだから、

「ビッコは自分のものなんだから、同情なんか要らない。」

が、根にあります。

ビッコにとって、ビッコは何のハンディとも思っていないので、

同情されることまでも嫌いなのです。

今日は、そんなこと思い出したのでした。

 

 

話は違いますがで、

夜、レース界のレジェント関谷正則氏が訪ねてこられました。

今年のIPSの話です。

関谷さんは73歳になられたそうです。

ご夫婦揃ってとてもお元気でした。うらやましいですね。

Posted   パーマリンク

2023年02月01日(水曜日)

01.31.KeePer技研㈱さらなる飛躍を実現する為に

今日は、新入社員の合同歓迎会を開きました。

と言っても、若いピチピチのフレッシュな人ではなく、

その道ではかなりの実績を持ったベテランの人達ばかりです。

 

社員がじきに1,000名を越すところまで来ているKeePer技研㈱は、

これまでは、基本的にKeePer LABOで育った人達が

年齢と経験を積んでいく内に「卒業」という形で事務職等に転身してくる。

だから事務所の中にはLABOから来た者も多く、

この会社の主役である現場の事を熟知している者が

会社全体を仕切っているこの形が良いとして極力そうして来たのです。

しかし、会社が成長してくると、

それぞれの分野でのプロの能力が求められるようになってきました。

だから例えば、

店舗用地を開発する為に不動産の業界に精通していて

地主さんとの交渉にも慣れている人材の獲得によって

新店開発のペースがまるで変りました。

あるいは、

その店舗の建設の為の準備、企画手配、建設管理に力を持った一級建築士。

非常に能力が高い経験豊富な秘書の方。(会長、社長の兼務)。

財務、成長戦略、株式廻りにものすごく優秀な能力を備えた方。

新しいマーケットの開発に高い能力と経験を持った方。

マーケティングの経験がある方。

金融関係の仕事に高い能力と行動力を備えた方。

私たちが今まで持っている視点からとは全く違う視点からの発言が鋭い方。

超そうそうたるメンバーです。

半年かけて揃ったメンバーで、

ここまで来る間に欠けた人もいるが、

数か月のLABO店舗経験の中で一級技術資格まで取得した猛者も複数いる。

 

KeePer技研㈱さらなる飛躍を実現する為に。

Posted   パーマリンク

2023年01月30日(月曜日)

01.30.のびのびと、平和に暮らしてくれていると思うのですが、

私のあこがれの「ライプツィヒ動物園」は、

ドイツ最古の動物園だが、

広大な敷地に、最新の考え方で、

最新の設備に生まれ変わった世界で最も人気のある動物園です。

この動物園では、動物を人間の娯楽の為の”見世物”とは考えていません。

動物達を地球の上で共に生きていく仲間達と考え、

あくまでも仲間達の尊厳を大切にして、自然に出来るだけ近い環境を整え、

動物達なりの自然の生き方を尊重して飼育している。

と、言うより、住んでもらっている。

 

住んでもらっている動物達を

私達が見せてもらっているのです。

見せてもらって、

生きているということの大切さと素晴らしさ、

そして、

そのすべてを生かしてれている地球の大切さを教えてもらっている。

 

そんな動物園だと本に書いてありました。

私は、ドイツには行くことがあるので、

今度行く時には、時間を余分に取って必ず行きたいと思っています。

 

そのライプツィヒ動物園の日本語版ホームページにこんな記事がありました。

以下、そのまま引用。

ここに出てくるトリップアドバイザーとは(動物園とその案内人)のようです。

——————————————————————————-

トリップアドバイザーは、捕獲された野生動物や絶滅危惧種の動物が一般大衆の前で尊厳に反する芸やその他の不自然な行動を強いられる、またはサーカスやステージの余興の一環として尊厳に反する方法で登場させられる(コスチュームを着せるなどの人間を模倣させる行為を含む)ような特定の体験のチケットを販売したり、そのような体験から収益を得たりすることはありません。

尊厳に反する行為とは、動物が不自然な方法で行動するか従うように薬物の投与を行うこと、または強制的に訓練すること、およびその動物に必要な刺激、運動、世話を提供しない行為として定義されます。

・・・・・・
—————————————————————————-

 

家のこの子たちは、どうでしょうかね。

のびのびと、平和に暮らしてくれていると思うのですが、

人間のおごりでしょうか。

 

私の布団が引かれると真っ先に乗ってくつろぎます。

早く、春よ来い。

Posted   パーマリンク

2023年01月29日(日曜日)

01.29.区別せず同じように扱う事が必ずしも良いとは思えない。

今日は、午後から瀬戸市のあるミュージアムに行ったのですが、

残念ながら休館だったのです。

勿論、行く前に開館日であるかどうかを調べずに行った私たちが悪いのですが、

ミュージアムと言えば直訳して「美術館」であり、

美術館は日曜日に開いているのは当然だという先入観があって、

調べずに行ってしまったら「休館」とあった。

そのミュージアムとは、個人会社のような小さな会社の趣味的な設備で、

その会社が日曜日休みなので、自動的にミュージアムも閉まっていたという事。

前もってネットで調べた分には、そんな個人的な施設とは私には見えず、

勘違いをしてしまったのです。

 

インターネッで何かを検索すると、

大きな広く開かれている施設でも、小さな個人的な施設でも、

検索結果だけを見れば、全く同じ大きさで扱われて区別がつきにくいものです。

私の能力が低いだけなのではありますが、

それにしても、

大きな施設でもプライベートな施設でも

検索結果では、同じ一行は一行であり、パット見た目ではほとんど分からず、

特に私たちのような年齢を重ねていてITに不慣れな者には

その施設のHPの作り方次第で個別に調べても分からない場合もあります。

 

関係ないですが、

今日のニュースに、IOCが「パスポートによる差別はすべきではない」として、

ロシアとベラルーシの選手を個人の資格で、

パリオリンピックに出場させるようなことを言っていたが、

侵略戦争の真っ最中で民間人を無差別に殺し続けている国家の選手を、

国家の高揚のために出てくるであろう選手(本人のつもりは別としても)を、

平和の祭典であるオリンピックに

「個人の資格で」なんていう詭弁で、認める訳には行けないでしょう。

「選手はパスポートで差別されてはいけない」とは、

下手な詭弁でしかありません。

 

私が今日、閉館中のミュージアムに行ってしまったことと関連なさそうですが、

無理やりくっつけたような苦しいブログでした。

 

目的が閉館でも、

ついでに、いつもの「道の駅」行きが楽しみで残っています。

 

この日は瀬戸市だったので、

道の駅にも、瀬戸物が別棟でどっさり売っていました。

まねき猫も可愛いのがいっぱいです。

面白い「ヤモリ」の瀬戸物です。

かわいいのでよく売れていると係の人が言っていました。

これと似たシーンが意外な形でそのうちに出てきます。お楽しみに。

アイフォン14の写真はやっぱりきれいですね、

Posted   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2023年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.