KeePerインストラクターブログ

2022年11月20日(日)

今から16年前に入社した【賀来】

私は、KeePer技研に今から16年前の11月1日に入社しました。

そして入社して直ぐの11月8日から、

キーパープロショップのパイロット店の研修会が始まったのです。

コーティング技術認定制度とともに、

キーパープロショップがスタートした年です。

なので、キーパープロショップと私はある意味、同期なのです。

 

あの時は、ピュアキーパーが軸で、

ポリマータイプのクリスタルキーパーがあって、

ダイヤモンドキーパーがガラス被膜の1層のみの商品バリエーションでした。

 

あくまで軸は、高品質な手洗い洗車があって、

洗車に満足された方が、もっとキレイな洗車がしたいと、

ピュアキーパーの施工台数がとにかく多かった。

 

入社した年の年末には相模原店に入店したのですが、

ピュアキーパーのフルコースをとにかく沢山施工した記憶がある。

その時の相模原店の12月平均単価を調べてみると7,967円であった。

 

店舗名は、「洗車屋 快洗隊」

名前の通り、洗車屋さんなのです。

今の若いスタッフは、この屋号を知らない人もいるのではないかな。

 

*16年前の賀来

 

現在の屋号は、

「カーコーティングと洗車の専門店 KeePer LABO」

時代は大きく変わり、メインはカーコーティング。

 

最高峰の「EXキーパー」をはじめ、

雨が降ったら愛車がキレイなるの「ECOダイヤモンドキーパー」、

長い人気を誇る「ダイヤモンドキーパー」、

カンブリア宮殿でも取り上げられた「クリスタルキーパー」を取り揃え、

お客様のニーズをばっちり叶えられるラインナップとなり、

新車での依頼も大きく増加した。

11月現在の平均単価でみると「14,743円」であるので、

16年前と比べると約2倍となったのである。

色々な要素があるが、ユーザーに人気がある「KeePerコーティング」となったのだと思う。

 

そして、新たにサービスとして

雨が洗車になる新常識「フレッシュキーパー」が登場した。

これは「雨が洗車になるので、洗車回数が減る」という機能や

2万円台の価格もあり、女性のお客様に受け入れやすいと考えられたサービスなのです。

今までは、コーティングを施工される方は、

圧倒的に男性が多かったわけで、女性は少なったか。

でも、車を運転する半分は女性である訳で、

女性が欲しいと思う商品、それがフレッシュキーパーである。

既に販売開始をし好調ではあるが、まだまだ本番はこれからです。

2023年は本格的なプロモーションも始まります。

 

それが実現出来れば、

「入浴剤と言わず、バスクリンと言う」や

「絆創膏と言わず、バンドエイドと言う」ように、

「コーティングと言わず」、

商品名である「フレッシュキーパー」「キーパー」となっているはずだ。

 

そうなったら、地球の環境もふくめ、みんなが幸せになっていると思う。

 

とは言っても、まずは12月がもう目の前。

2年ぶりの12月のキーパー選手権もいよいよ始まります。

 

さて、久しぶりの今週のラーメンです。

ラボスタッフから「最近、ラーメン屋に行かなんですね~」と

そうなんです。最近行けていませんでした。

ラボ前橋店から小山店に行く途中にある、

生姜ラーメン。

無茶苦茶旨いですよ。

 

 

賀来聡介

Posted by カテゴリー無し at 21時11分

ページのトップへ ページのトップへ

  • カテゴリーリスト

  • 最近の記事

  • カレンダー

    2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • リンク集

  • 過去の記事


  • RSS1.0

    [Login]


    (C) KeePer Giken. All rights reserved.