KeePerインストラクターブログ

2022年12月31日(土)

2023年もやる事がいっぱい、楽しみいっぱい【賀来】

2022年は大きなターニングポイントになる1年でした。

 

コロナ禍が約3年続き、コロナがインフルエンザと同じように扱われ始めて、

通常の生活が着実に戻りつつある1年間でした。

 

そんな情勢も踏まえて、キーパープロショップの恒例企画である

「技術コンテスト」が3年振りに開催し、

この12月には、2年ぶりのキーパー選手権が開催され、

全国のキーパープロショップは大きく盛り上がりました。

 

やっぱり現場は競争が好きです。

 

 

もちろん、キーパーLABOも盛り上がっています。
EXキーパーを軸に、KeePerの認知度も格段に上がり、
KeePerの施工台数が大きく伸びています。
この12月はLABOギネスが大きく更新されました。

 

 

そして、なんといっても今年は、新しいコーティングが2つも発売開始しました。
『ECOダイヤモンドキーパー』2022年2月発売開始
『フレッシュキーパー』2022年10月発売開始

どちらも、「雨が降れば、まるで洗車をしたようにキレイになる」の
自浄効果を兼ね備えた商品です。

 

新商品というのは、ユーザーにとって魅力抜群であり欲しくなりますし、

施工する側にとっても、新しい技術はモチベーションが大きく上がります。
そうゆう意味では、新商品の発売という事は

「とても重要なんだな」と今更ながら学ぶことが出来ました。

 

この2つのサービスは間違いなく、

今後のキーパーを引っ張っていく商品です。

2023年には、しっかりと地に足をつけて、広げていきたいと考えています。

 

また、今年はなんと言っても、メディア露出が増えました。
5月には、テレビ東京の「カンブリア宮殿」がKeePerが取り上げられ、

12月にはNHK「おはよう日本」内コーナー「おはBiz」で

KeePerが紹介されました。
やはり地上波の効果は凄かった。
メディア露出は、来年も続く事は間違いなさそうです。

 

そして、衝撃的なニュース言えば、

#37 KeePer TOM’Sが、2022年で終了です。

KeePerとしては、本意ではないため大変苦しいですが
これもまたレース界というものでしょうか。

 

 

でも、いつまでもため息をついていても仕方ないので、

2023年のレースをどんな体制でやれるかを模索中でしたが、

なんとなくですがいい方向性が見えてきました。これまた楽しみです。

 

そうなんです。
2023年もやる事がいっぱい、楽しみいっぱいなのです。

 

さて、キーパーラボの日報が続々ときています。
1店舗1店舗、みんなの想いを感じながら
12月31日の日報を熟読します。

 

新たに次元に入った、キーパーラボ世田谷店

世田谷店は、欠員が出て最後はレジュラーメンバーが4名しかいないのに、

東京営業所メンバーと力を合わせて達成した。

凄いチームワークでお見事でした。

 

そして、新たな次元と共に、昨年のリベンジを果たしたキーパーラボ足立店

最後の追い込みは凄かった。完全にゾーンに入っていた。

 

最後は、鈴置専務との2ショット。
忙しかった船橋店にて一緒に洗車をした時のワンシーン。

 

「みんなお疲れ様でした」

「輝いていた姿をしっかりと心に焼き付けました」

 

 

もうすぐ2023年を迎えます。

おやすみなさい。

 

KeePer技研株式会社

賀来聡介

 

 

Posted by カテゴリー無し at 23時12分

ページのトップへ ページのトップへ

(C) KeePer Giken. All rights reserved.