KeePerインストラクターブログ

2023年01月15日(日)

東京オートサロンに出展【賀来】

2023東京オートサロンにKeePerが出展しました。

前年、2022年は初出展で初心者マークだったので、

準備からバタバタして、開催3日間とも浮足立っていましたが、

さすがに今年は2回目という事で少し余裕があり、ちょうど良い緊張感。

 

 

大混雑していましたが来場者は?というと
まだ発表がされていないのですが、

コロナ前の2020年と同等と言っていたので30万人超の来場者。

 

凄まじい「人」「人」「人」、会場を見て歩くのも大変。

 

でもオートサロンが車好きにはたまらない会という事も理解できる。

 

もちろん、KeePerブースにも沢山の方にお越し頂けました。

 

昨年は「Youtube」をご覧になってKeePerを知った方が多かったですが、

今年は地上波で「カンブリア宮殿」や

「NHK おはビス」に取り上げられた事もあり、

さらに認知度と信用度が格段と上がった事も大きい。

同時に、期待度も大きく上がっている事も実感でき、

気を引き締めなければならないと感じる。

 

LABOであれば、認知度が上がりご来店が増えてくると、

お客様が来るのが当たり前になってしまい、

お客様を捌きたがる人が出てきたりする。

これはもう最悪であり、よく人気ラーメン屋にある現象だが、

間違いなく店は朽ちる。

営業では、来た仕事だけをこなせば時間が過ぎて行く。

そんな受身の仕事だけでは、絶対に拡大出来ない。

 

そして、今年のオートサロンで大きく時代の流れを感じたのは、

モータースポーツが大きく取り上げられている事でした。

スーパーGTマシンを筆頭に、

スーパー耐久マシンなど多くのレーシングカーが展示されていた。

車メーカーもレース車を前面に押し出し、アピールしている。

 

 

 

トヨタ自動車 豊田章男社長が、自らレースに出場しながら、

他の車メーカーに対しても「レースを盛り上げよう」

と言っている事が大きく影響してそうだ。

 

KeePerは昔からモータースポーツを応援しているので、

時代の流れはしっかりと掴んでいるという事か。

そう考えると今年もちゃんとスーパーGTを盛り上げなければ。

 

「#37 KeePer」がないのが寂しいが、多くのGTカーが並ぶ。

 

 

 

 

さて、今年の出展でのキーパーラボの予約台数はというと60台はくらいでしょうか。

どんなコーティングにするかを悩まれている方も多く、

その場で説明が出来、かつその場で予約を取れるという事は、

ユーザーメリットがあるようです。

 

平川亮選手も「KeePerブース」に来てくれました。

 

KYOJO CUPチャンピオン「翁長実希選手」も来てくれました。

 

賀来聡介

 

 

 

Posted by カテゴリー無し at 20時01分

ページのトップへ ページのトップへ

(C) KeePer Giken. All rights reserved.