KeePerインストラクターブログ

2021年11月30日(火)

磨けば光るどろだんご 【菅野】

こんばんは

先日、妻と子供達が愛知県常滑市のINAXライブミュージアムへ行き、

光るどろだんごづくり体験をしてきました。

 

「すごい良かった。季節によって違う色が選べるらしいからまた行きたい」と言っていました。

このどろだんごは、家に持って帰ってきてからでも布などで磨くとドンドン光っていくそうです。

明日から12月。

車をキレイにして新しい年を迎えたい、というお客様がたくさんみえます。

我々は、お客様に喜んでいただくために、お車をしっかり磨いてキレイにしていきます。

 

この亀のフィギュアは、いわゆるファミレスの子供がもらえるおもちゃに入っていたものです。

バケツもスポンジも元からセットです。

ここしかない!と思い使わせてもらいました。

 

菅野

 

Posted by カテゴリー無し at 22時11分   パーマリンク

2021年11月28日(日)

最終戦は熱かった【賀来】

スーパーGTも最終戦です。
GT500クラス37号車 KeePer TOM’S GR Supraは、
年間チャンピオン争いから外れてしまっており、
最後このレースは優勝を狙うしかない。

 

今年からご縁があってスポンサーを始めた、
GT300においては、61号車SUBARU BRZ R&D SPORTは、
シリーズランキングトップで最終戦に挑む。

 

予選結果は、
37号車、3位と優勝を狙うのにはベストなポジション。
61号車、勢いは止まらない、ポールポジションを獲得し、貴重な「1」ポイントをゲットした。

さて、決勝は

GT500 37号車は、ファーストボライバーのサッシャ選手が、
スタートを失敗し4位と出遅れるが、その後挽回し3位にて、
平川選手にバトンタッチ。平川選手の果敢な走りで2位にジャンプアップし、
チームメイトでありライバルでもある36号車に追いつき、
このまま行けば優勝かと思ったが、
なんとランキング1位を走る1号車STANLEY NSX-GTがクラッシュし、ピットインをした。

 

そうすると、いまトップを走っている36号車が、
このままトップを走れば「シリーズチャンピオン」になれる事となった。

 

ここから俄然36号車が速くなった。
37号車のペースは少し落ちてしまい、そのまま2位でレースを終える事となった。
そして、チームメイト36号車が優勝、そしてシリーズチャンピオンを獲得した。
おめでとうございます。

 

 

GT300 61号車は、ポールポジションからスタートしトップを快走するが、
途中で順位を2位と落した。タイヤ交換後をミスしたのか6位ぐらいまで落とすが、
シリーズチャンピオンを独走する61号車は、とにかく無理をしない作戦に出る。

 

とはいっても速さはピカイチなので、着実にポジションを上げ3位でフィッシュ。
そうです、GT300クラスで、
61号車SUBARU BRZ R&D SPORTはシリーズチャンピオンを獲得したのです。
おめでとうございます!

 

 

2021年のスーパーGTは終了した。
2022年は、GT500は、平川亮選手が世界に羽ばたくという事で、
37号車もドライバーも変わると聞いている。さあドライバーはどうなるか。

 

GT300は61号車SUBARU BRZ R&D SPORTが

「ゼッケン1」を付けて走る事となる。

 

賀来聡介

Posted by カテゴリー無し at 19時11分   パーマリンク

2021年11月22日(月)

バストーナメント最終戦【賀来】

琵琶湖のトーナメントに今年から出場し始め、いよいよ最終戦。

結果は出ていませんが、大きな刺激をもらっており、

行けば行くほど、日本最大の湖である「琵琶湖」の魅力にはまっています。

 

土曜日の練習日に釣った「4kg」「62㎝」と

あっさり自分の自己最高記録を更新。*60㎝オーバーは夢のような目標

こんな事が起きてしまう琵琶湖は、世界中を見てもなかなかない。

 

 

さて本番はどうだったかと言うと、結果はノーフィッシュ。

有名プロもノーフィッシュという、かなり厳しい日だったようだ。

というより、完全にツキは、土曜日に出し尽くしたか。

 

さて、これで今年のトーナメントは終了した訳ですが、

大切な事は来年をどうするかだ。

実を言うと、トーナメントに出場し始めて、ちょうど20年が経った。

今年は楽しいトーナメントに出場していたが、何かが違う。

 

やっぱりどうせやるなら「ピリピリしているトーナメント」の方が

自分にあっている。

なので、2022年はもっとレベルの高いクラスに出場する事にしました。

 

二兎を追う者は一兎をも得ず

と言われているが、私はそう思わない。

仕事第一は変わりはないが、

二兎を追う者でなければ、二兎を得られない。

三兎を追う者でなければ、三兎を得られない。

やると決めれば出来るのである。

 

さすがに、もう眠くなってきました。

おやすみなさい。

 

賀来聡介

Posted by カテゴリー無し at 05時11分   パーマリンク

2021年11月14日(日)

コーティングは自分で選ぶ【賀来】

最近感じるには、新車を買う時に、ナビや内外装など、

沢山のオプションから選ぶのが当たり前になっているが、

ボディーコーティングも当たり前になりつつあります。

 

ボディーコーティングは、誰もが同じものに加入する「自賠責保険」や

誰もが同じ物を買う「マットセット」とは違います。

 

最近のいい例で言うと、任意保険なんかは、

車を乗る頻度や車種によって色々なパターンがあり、

自分のカーライフに合った任意保険に、ネットで情報をしっかり見られたうえで、

保険に加入される方が多くなっているようです。

 

コーティングも一緒で、自分のカーラーライフにあったものを選ぶ方が良いです。

調べるのは、ネットやYoutubeなどで色々な事がわかると思います。

 

そして購入するには、今の時代は、

ネットで予約をするが完全にスタンダードになっています。

 

 

11月11日から本格稼働を開始した、公式KeePer予約サイトは、

キーパープロショップさんからも「もうコーティング予約が3件も入りましたよ」

「EXキーパーの予約が入りました」などなど、絶好調です。

12月には大きな効果が発揮する事は間違いなさそうです。

 

 

賀来聡介

 

Posted by カテゴリー無し at 17時11分   パーマリンク

2021年11月07日(日)

スーパーGT 第7戦 【賀来】

1年は早いものであっという間に11月。

スーパーGTも残り2戦がおこなわれ、シリーズチャンピオンが決定する。

 

第6戦時点でのポイントランキングは、

GT500クラス

37号車 KeePer TOM’S GR Supra は10位とかなり厳しい結果となっているが、

平川選手いわく2連勝すると公言している。

 

GT300クラス

61号車SUBARU BRZ R&D SPORTは、ランキング1位と

シリーズチャンピオンに向けてまっしぐら。

チームは、この茂木戦でチャンピオンを決めると公言している。

と前情報を貰った。

 

予選結果は、

37号車、12位と完全に失敗。

 

61号車、2位とポールポジションを逃したが上出来。

 

 

さて、決勝は

37号車は、ファーストボライバーのシッシャ選手が、

スタートダッシュが上手くいき、7位まで順位を上げる。

しかし、他の車を当ててしまい、ペナルティーが課せられ、

ほぼ最下位の14位となり、ドライバーチェンジ。

セカンドドライバーの平川選手が、追い上げるも10位という結果となった。

 

 

何か今年は、持っていないというか、運が悪いというか、

毎年のようにチャンピオン争いをしていた、「速い」37号車とは、

まったく違う。

これで、今年のシリーズチャンピオンは完全になくなりました。残念。

仕事と一緒だか、「運は重要」

 

61号車は、トップを快走するも、徐々にタイヤが厳しくなると順位を落とし、

コースアウトも食らってしまい、最終的には6位でフィッシュとなる。

ここでチャンピオンを決められなかったが、ランキング1位をキープして、

最終戦へと突入。楽しみである。

 

次は、11月27・28日の富士スピードウェイ。

最後まで応援をお願いします。

 

 

賀来聡介

Posted by カテゴリー無し at 18時11分   パーマリンク

【過去の記事へ】

ページのトップへ ページのトップへ

  • カテゴリーリスト

  • 最近の記事

  • カレンダー

    2021年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • リンク集

  • 過去の記事


  • RSS1.0

    [Login]


    (C) KeePer Giken. All rights reserved.