谷 好通コラム

2024年02月12日(月曜日)

02.12. 14話.1年間の本気のコミュニケーションの結果、起業成功。

刈谷市の1軒のガソリンスタンド(現在のLABO1号店KeePer LABO刈谷店)を譲り受けるのが起業前の大仕事でした。この店舗を譲ってくれる神谷さんは、ご自分が起業する時の地主さんとの話、石油業界に対するご自分の考え、ガソリンスタンドとはかくあるべき論から多岐に渡って、多くの回数のコミュニケーションがありました。神谷さんのこの店舗と商売に対するこだわりは半端ではなく、石油販売業界の中では単に「安売り店(通称ゴンタ)」の1つにくくられてしまうが、その行動の一つ一つにこだわりがあり、その話は総じて面白かった。何度もお話に着き合わせていただく間に気が着いた「この方は、自分の店を任せたい人に譲りたいんだ。」と。

だから、長い話に対して面倒くさくなって「ハイハイその通りです。」なんて、安易に同調するような返事をすると、神谷さんは「谷さんはそんないい加減な人ではないはず。」と許してくれません。神谷さんの話を真剣に聞き、その趣旨をよく理解した上で、自分の考えをキチンと話さないといけない。それが賛同でも反対でもいい、キチンと話すと話が進むのです。逆に話を進めたいが為に表っ面だけの賛同をすると話が堂々巡りになって、かえって話が進まないのです。

そうとなったら、もう腹を据えてとことん話をしていくしかありません。途中で何度となく、実際にお金を出して店舗を買い上げる元売り関連の会社の人も同席して話がされましたが「谷さん、イントロが長すぎるよ。いつまでこんな話をしているのか。」と腹を立てられたこともありましたが、神谷さんとはまともなコミュニケーションを積み重ねていくしか出口はないと覚悟を決めていた私はどう言われようと真剣路線を変えることは無かったのです。

 

そうこうしている内に1年近くが経って、神谷さんとの話も尽きてきたころ、神谷さんを食事に招待して、これでもかという程のご馳走の席を設けたのです。お話はこれで打ち止めという意味で、神谷さんも納得したような表情をして、初めての酒の入ったご馳走の宴席を受け入れ、この話は神谷さんが全面的に私を受け入れる形で終わりました。起業成功の第一歩です。

私は、この経験からなのでしょう。議論が片方の損得で一方的に忖度されることが大嫌いで、お世辞は言われるのも言うのも大嫌い。まともな議論をする人を信用します。

 

私の起業は「一文無しで」始めましたが、決して調子のいいだけの起業ではなく、1年間の真剣なコミュニケーションを全力で続けた上での真面目な起業だったということは、ここで初めて書きました。

 

真面目な話、3月のKeePer LABO新店は3軒がオープンします。

その最後の直営115店目のKeePer LABO宇都宮店(仮称)の看板提案パースです。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2024年3月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.