谷 好通コラム

2021年09月11日(土曜日)

9.11.寿命は短めに言った方が正当で正直?

例えば、新商品「樹脂フェンダーキーパー」は1年耐久と謳っているが、

紫外線を含む太陽光を模した強い光を連続してかけ、

また定期的に雨を模した純水をかけて、

耐候力を時間を短縮して測定する「促進耐候試験」では、

十分に3年以上の耐久力があることが証明されている。

しかし、

実際の自動車での使用では、

雨は黄砂を含んで汚い場合もあれば、

融雪剤交じりの泥水がかかり、汚れる場合もある。

色々な自然の汚れだけでなくタールの油に侵される場合もある。

そんな変化の多い使用の状況の中で、

どんなユーザーもたしかに効いていると感じ、

誰が見てもキレイだと思っていただけるとしたらそれは「1年間」とした。

それは、1年間耐久のクリスタルキーパーなどの場合でも同じことです。

ノーメンテナンス3年耐久のダイヤモンドキーパー、EXキーパーも同じです。

 

お客様は、車をキレイに乗っていたいと思うのだから、

効果が切れて汚くなってから再コーティングしていては遅すぎるのです。

だから、どんな状況でも、誰が見ても、

キレイと思っていただける1年間や3年間で

繰り返されることをお勧めしているのです。

 

だから、途中で効果が無くなったというクレームはまずありません。

皆無と言っても過言ではないくらいです。

あったとしても余程濃いミネラルがかかってそれが乾いて薄い膜になり、

一時的に撥水が弱くなる現象で、

洗車の拭き上げを掻き取り効果の高いマイクロファイバークロスで行うか、

洗車プラス5分の「ミネラル取り洗車」か、

余程頑固なミネラル膜でも「ミネラルオフ」という特殊な洗車があり、

いずれも洗車+αの時間で元に戻るので、

クレームにはならず、お客様の相談→解決→お客様喜ぶで終わります。

また、ボディガラスコーティングにつきものの「水シミ」も、

まったく着かないと言ってもいいぐらい着きません。

 

だから、KeePerはリピート率が非常に高く、

リピートのお客様が積み重なって、どんどん増えているのです。

 

だから、

実験室の中での数字で5年耐久だから、製品を5年耐久と言ってしまったり

実験室の中の光沢率とか撥水角などの数字での評価で良しとせず、

現実の走行環境を想定して、キレイなままで乗れる耐久性を想定して、

それを○○年耐久としているので、

KeePerは”本当に”○○年効くと評価され、信用されるのです。

 

この考え方は、

KeePerが誕生した25年以上前、

3か月での繰り返しを推奨した「ピュアキーパー」の時代からのものです。

あの頃、ポリマーコーティングは5年耐久を売り物にしていましたが、

それと同じような耐久性を持っていても、

手塗りで簡単に塗布出来る形にした上で、安価にして、

3か月耐久、3か月での繰り返し施工を推奨したポリマーコーティングとして、

きれいなまま乗っていられるケアとして

広く多くのお客様からの支持をいただいたものです。

 

3か月耐久ピュアキーパーの、

25年前の今は懐かしい「ファイナル1」。

家の倉庫の隅っこに残っていました。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.