谷 好通コラム

2021年10月08日(金曜日)

10.08.長い時間と、一瞬の時間

過去を振り返った時、

年月が過ぎるのはあっという間だなぁと思う。

 

時間は圧倒的な正確さで進み続けていて、

絶対にそれを止めることも出来なければ、逆戻りすることも出来ない。

SF小説や漫画、映画には、、時間を遡って過去に戻ったり、

未来に飛んで行くようなタイムマシーンが出てくるが、

どんなに科学が進んでもこればかりは出来ないのだろう。

 

アインシュタインの相対性理論では、

スピードを上げて移動すれば時は遅く流れるようになるそうだが、

それは光速レベルのスビートの話で

我々が実際にその恩恵に預かるようなことはない。

 

時間は無常なまでに正確に何があっても、何もなくても進み続ける。

それを早いと感じる時と、遅いと感じる時があるが

それはその人が置かれた状況の違いによってその違いを感じる。

 

たとえば、

素敵な人とのひとときは「時間よ止まれ」と思うが、

無情にも時は流れ、すぐにお別れの時が来てしまう。

そんな思い出はいっぱいある。

 

反対に、たとえば、

三年前、私が脊柱管狭窄症の手術を受けた時、

手術が終わって全身麻酔から覚めた時、

私は暗いICU(集中治療室)に一人横たわっていて、

手術をした腰が痛くて、全く身動きもできないが意識だけがはっきりして、

「今、何時なのか」が解らず、ものすごく不安になって

「時計を持ってきてくれ」と、必死になって怒鳴った。

そして一晩、持ってきてくれた時計を睨みつけながら過ごしたあの一晩は、

まるで一か月間のような長くつらい一晩であったことを鮮明に憶えている。

あの時、もう手術は二度と嫌だと思ったが、

一番つらかったのは、

痛さそのものでもなく、

実に、あの時間の異様なまでの長さであった。

 

私の過ごした約70年間はどうだったのだろうか。

最近の約21年間は、このブログにほとんどすべてが記録されているが、

その内容の膨大さには自分でも驚くが、

今の自分には一瞬に思える。

私の一生はどうも、面白くて、楽しくて仕方のない時間だったのかもしれない。

何をやっても面白かった。

でも、仕事が一番面白かったのは間違いない。

 

そう書いたら、涙が出てきた。

 

もう、秋です。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.