谷 好通コラム

2022年05月10日(火曜日)

05.10.「見た目」が、どうでもよくなる時

「見た目」は、一言で言えば、どうでもいい。

 

しかし、デパートとか、イオンとか、

ララポートなど大きなショッピングセンターに行くと、

一番大きな売り場面積をファッションの専門店などが占め、

一般の消費者が「自分の見た目」に

最も大きな関心と、旺盛な消費意欲を持っている事が判る。

 

しかし私は、自分の服を選んだり買ったりすることが大嫌いで、

仕事の為には、仕方なく背広を造ったりもするが

デパートの背広売り場で、自身の採寸を受けるだけでも、即不機嫌になる。

不機嫌にならなければならないような理由は全くないが、

とにかく嫌なのです。

 

背広は、仕事に使う為に自分も行くことは仕方がないのだが、

セーターやジャンパー、半そでシャツなどの私服などは、

自分で買いに行くなんてことは絶対に無く、

連れ合いが買ってきてくれた服を、何の抵抗もなく、何でも着る。

 

礼儀として、身だしなみをきちんとすることは当然としても、

いわゆる「見た目」は、本当にとことん、どうでもいいと思うので、

どちらにしても、面倒臭いだけかもしれない。

 

極端な事を言うと、

私は、背広とパジャマがあればほとんど一年中OKで、

いわゆる私服には、ひと月に数回も着る機会はない。

 

人は何の為に、そんなに見た目を気にするのか。

自分を自分以上に見せたいからなのか。

しかし、自分は自分でしかないのだから、

自分として、そのままに見えればそれで良いのではないか。

 

どうでもいいし、めんどくさい。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年5月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.