谷 好通コラム

2022年05月20日(金曜日)

05.19.「ECOダイヤ」のプロモーションビデオを造っています。

ECOダイヤ(正式名ECO+ダイヤモンドキーパー)は、

最高級のEXキーパーが持つ強力な「防汚能力」の特性を、

ダイヤモンドキーパーに加えた新製品です。

 

元々、ガラス系のKeePerコーティングには、ある程度の防汚性があり、

クリスタルキーパーでも、(W)ダイヤモンドキーパーでも、

施工をされたお客様から「汚れにくくなった。洗車がすごく楽になった。」と、

嬉しいご感想をいただくことが多いのです。

 

更に、EXキーパーになると、桁外れの「ツヤ」と同時に、

もっと強力に汚れなくなります。

それはコーティングと空気が接する表面の「分子構造」に秘密があって、

汚れがコーティングの表面に乗っても、

表面の特殊分子構造によって「汚れが密着しない」ように出来ているのです。

汚れが密着しないことによって、例えば「雨」が降ると、

コーティング表面で浮いている状態の汚れが、

降り始めの雨粒の中に拡散して、

汚れを巻き込んだ雨粒が、降り続く雨粒と一緒に流れ落ちて、

まるで洗車をしたみたいにキレイになります。

これが、

いわゆるKeePerの「セルフクリーニング」現象です。

だから、約2年近く前にEXキーパーを掛けた私のボルボは、

あれからまだ一度も洗車をしていませんが、

洗車をする必要性を全く感じないキレイさです。

 

私は、セルフクリーニングの現象の事をよく知っているので、

雨が降りそうになると、わざわざ車を外に出して雨に当てたりしているので、

二年間無洗車で、来てしまいましたが、

普通に乗っている場合を想定して

平均的に「年8回必要な洗車が2回で済む。」

つまり、洗車の回数が約1/4になるという表現にしています。

 

このEXキーパーのセルフクリーニングの現象を、

ダイヤモンドキーパーの表面に加えたものが

「ECO+ダイヤモンドキーパー(通称ECOダイヤ)」です。

これは、

コーティング被膜の厚みはダイヤモンドキーパーとほぼ変わらないので

“艶(ツヤ)”はダイヤモンドキーパーに準じたいわゆる「良いツヤ」レベルです。

しかし、表面の分子構造を、

EXキーパーと同じ種類の分子構造にしてあるので、

「セルフクリーニング」の現象は、EXキーパーとほぼ同じ性能です。

 

だから、まとめてみると、

艶(ツヤ)は、

ダイヤモンドキーパーと同等あるいは、わずかに以上で、

EXキーパーの方がかなり優れている。

「艶」EXキーパー>>>ECOダイヤ>=ダイヤモンドキーパー

 

セルフクリーニング現象(自浄性能)は、

ダイヤモンドキーパーよりかなり大きく、EXキーパーとほぼ同じ。

「自浄性能」EXキーパー>=ECOダイヤ>ダイヤモンドキーパー

 

今制作中の「ECOダイヤ」のプロモーションビデオの中で、

この「自浄性能」について、

解りやすいのではないかと思われる動画が撮れたので、

そのスチール写真をお見せします。

 

まず「撥水

 

次に「自浄性能」セルフクリーニング

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.