谷 好通コラム

2022年06月18日(土曜日)

06.18.珍しい一時間の長い空白

今日、久し振りの人が会社に来ていただけるとのことで

会社で待っていたのですが、

うっかり私が時間を一時間間違えていて、すっぽり一時間空いてしまった。

こんなことは珍しいのですが、何もすることがない時間が一時間できて、

改めて一時間という時間の長さを感じています。

会議とか、機関投資家からの取材を受けている時の一時間は

あっという間に過ぎてしまうのに、

今日みたいに事務所に珍しく誰もいない時の一時間は、とても長く感じます。

そう考えると、どうせ限られている一生の時間も、

忙しく、あわただしく過ぎてしまうよりボーっとしていれば、

とても長く感じられて、かえって得なのかもしれないのかな、

なんてつまらない事を考えてしまいます。

 

しかし、入院中の事を考えると、

「時間薬」といって、とにかく時間が過ぎるのを待つしかない事を思うと、

退院して元気になった時の時間が、

「元気なだけでこんなに幸せなのか」と、感じたことを思うと、

ボーっとしているのは、やっぱり嫌だなと思ったりします。

 

私はいま70歳になってしまっていますが、

50歳近くになってからこのブログを書き始めたので、

バックナンバーを遡れば、事細かく記憶が蘇りますが、

30歳台の時、40歳台の時の事をほとんど覚えていません。

決算書などを振り返って読めば、あの頃にはあんなことがあったとか、

かすかに思い出しますが、やはり大まかにしか覚えていません。

 

若い時からずっと日記を書いている人がいますが、

そういう人の気持ちがわかるような気がします。

どの年代でも、充実して生きてきたことには違いないので、

それを文字にして置き換えておく意味は、たしかにあると感じます。

 

そんなことを思いながら、空白の一時間の半分を使ってこれを書きました。

変な気持ちです。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.