谷 好通コラム

2022年07月31日(日曜日)

07.31まさかのCOVID-19陽性。二日日目の只今、体温36.9℃。

昨日の朝、たまたま体温を測ったら36.7℃あって、

いつもは36.3~36.5℃が平熱だったので、

ちょっと微熱があるのかなと思いつつ、この日はビズリーチからの人を面暖で、

6人の人と話す間はいつものようにマスクは一時も外さず終わったのだが、

夕方、家に帰ってから体温を測ると37℃あって、微熱が出ていると思いつつ

大したことなかろうと思って晩ごはんを食べて、

糖質ゼロの缶ビールを2本飲んだ頃、自分が熱っぽく感じて体温を測ったら、

37.5℃あって、これはやばいかなと思いつつ体温を何度も測ると、

時間をかけて測るにつれて38℃、38.3℃、38.7度まで上がって、

この時はさすがら覚悟をした。

しかし「これは参ったな―。」と思って

一晩寝たら、

翌朝は37.0℃にまで下がっていて、あれから微妙に上がり下がりはするが。

動いていると体温はむしろ下がり気味で36.4℃にまで下がった。

これはもう平熱でしかなく、

今日は日曜日なので、いつもの病院でも通常の外来は無いし、

平熱では、休みの日も受け入れる「緊急外来」には該当せず受け入れられない。

 

それで病院には月曜日の明日行くことにして、とりあえず、

自分がコロナであるかどうかを知っておかなくては

家族にも感染してしまうので、

「抗原検査キット」を買いに、

近所のドラックストアに行かせたら、どこも品切れと言われたという。

テレビで言っていた「抗原検査キット品切れ」は本当なんだなぁと思う。

そこで思い出したのが、

営業の連中が、技術研修会を開く前にはコロナの陰性証明を出していて、

研修会の安全性を確保している。その為の抗原検査キットがあるはずた。

早速、営業の竹内部長に電話をして持ってきてもらい、

抗原検査を初めてやった。

その前に、血液の飽和酸素濃度で97%が出ていたし、体温も36.8℃だったし、

ただの風邪だという期待もあったが、

残念ながら「陽性」だった。

 

私はもう70才で十分に高齢だし、基礎疾患も十分にあるし、

手術の後の影響で「免疫抑制剤」を日常的に飲んでいるし、

新型コロナにかかったら百発百中で重症化して、下手すると死ぬかもしれない。

そう思っていたので、

多分、感染し発症してから二日たった今で、

体温36.9℃、どこも痛くも苦しくもなく、しかも飽和酸素濃度で97%。

この程度の軽症の症状で済んでいるとは、

思いもよらなかったので、かえってすごく嬉しい。

 

でも、ここからまだ高熱が出てくるかもしれないし、

呼吸困難があった飽和酸素濃度も70%台に下がるのかものかもしれない。

そんなことは全く判らないが、このままだと本当にすごく嬉しい。

 

また、家族も同じように抗原検査をやったら、

無事に「陰性」で、もっと嬉しい。

その結果、私は居間に一人きりになっているが、そんな事はどうでも良く、

ここから約一週間程度の隔離状態になるので、

来訪の用件とか訪問を用件は、リスケでご迷惑をおかけして申し訳ないが、

入院していた時だって、

便利なZOOMでほとんどすべての会議に出て、

みんなはどうだったか知らないが、

私は楽しかった。

 

ただ、チーちゃんと小ミミとリンダのトリオは、

同じ家の下にいるのに、お母さんのそばにばかりいて、私に近寄ってこない。

会社から帰ってきた時はあんなに三匹揃って大歓迎してくれるのに、

ずっと家にいると、近寄っても来ない。だから、暇で、これを書き始めた。

 

上の「陽性」が私で、下の「陰性」が家族。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年8月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.