谷 好通コラム

2022年08月02日(火曜日)

08.02.平熱・検査拒否、しかし隔離で、結局無事生還か。

一昨日、私が抗原検査キットで陽性の結果が出たので、

今日の午前中に早速いつもの病院に行ってPCR検査を受けに行きました。

体温は昨日の昼からずっと36.6度前後で、

あまり変化はありません。

それでも、一応、抗原検査キットでは陽性と出ている訳なので、

PCR検査を受けに行くのが当然だと思ったのです。

ところが、

病院の玄関に行って

「抗原検査キットで陽性と出たので、PCR検査をして下さい。」と言ったら、

体温はどうかと聞かれ、私は「昨日の昼からずっと36℃台です。」と答え、

向こうから出された体温計で計ってみても、やっぱり36.7℃。

すると、

看護師さんの言われたことは

「平熱の方の検査は出来ませんので、また熱が出たら来てください。」

と、まさか、門前払いを食うとは思ってもいなかった。

 

そこであわてて聞いた。

「抗原検査キットで、陽性と出たんですけど・・・。」

そう言って、返ってきた言葉に驚いた。

「抗原検査キットも色々あって、うちの病院は全く参考にしていないんです。」

と、いって、

メモにも取ろうとしない。

確かに、私がやった抗原検査キットは、取扱説明書は日本語だったが、

検印は明らかに中国のお役所のものであった。MADE IN CHINA

 

そう言って一旦は断られたのですが、

普段通っている診療科と通院カードを見せて、

先生と連絡を取ってくれたようで、

一応、本当に一応、PCR検査はやってくれた。

その結果は、翌朝、担当の看護師から電話をしてくるという。

 

だから、その日は一旦家に帰った。

一応抗原検査が陽性と出ているのだから、会社に行く訳には行かない。

自宅から、16時から予定されていた「幹部会」にリモートで出る。

リモートでの会議はもうすっかり慣れてきていて、

スムーズに話し合いが進んでいたところ、

突然、私の手術の時の担当医から電話がかかってきた。

「谷さん、PCR検査、陽性でしたよ。

しかも、ウィルスの量も多くて

あなたの場合、

重症化リスクのかたまりの様なもんだから、

入院して抗体治療と抗ウィルス治療をした方が絶対いいので、

最低5日の入院をです。午後7時半までに来てください。」

 

まさか・・・と思っていた即日入院を宣告されて、

私はひどくうろたえたが、覚悟を決めるしかない。

急遽、入院の準備をして、いつもの愛知医大に向かった。

 

ああいうコロナ患者を多く預かっている大学病院は、

手際が良いというのか、もう慣れているというか、

私は車から降りた瞬間から「隔離状態」になって、

隔離病棟のHCU(高度治療室)に入れられた。

HCUは、緊急度が高い重症者が治療を受けるところなのだが、

私にはそうなり得るような危険な因子があったのだという事なのだろう。

完全密閉の狭い空間で、窓一つない精密医療機器に囲まれた部屋だ、

私は昨年末の手術直後に二日間入ったことがあったが、とても辛い空間です。

 

ところが、危険因子の塊の様だと言われた私だが、

HCUに入っても、まだ平熱で、咳する訳でもなく、どこも痛くも痒くもない。

それでも、一晩、重症化を防止する治療を施されて、

次の日、つまり今日の午後、

看護師が、数時間後、部屋を移ると言ってきて

「窓の無い部屋は本当に息が詰まる。」とか言ったのが効いたのかな、

なんて思ったが、とんでもない間違いで、

あの大学病院も、コロナ感染第7波のあおりを受けて、超大忙しであって、

あのHCUは、本当に私が重症化リスクが高い患者として入ったのであり、

担当医の小林先生をご尽力があったらしい。

 

そして、そこを出て違う病室に行くという事はその危険が遠のいた証らしい。

私はそれでも”平熱”のままであることも事実なので、

そんな危機感などなく<

「窓の無い部屋は本当に息が詰まる。」とか言ったのが効いたのかな、

なんて、のんきなバカなことを呟いていたのです。

 

今日新しく代わった部屋は、ビックリだった。

愛知医大はもう10年近く前に建てた新しい巨大なビルに、

病院の機能のほとんどを移して、古い建物は、大学の教室や、

新しい設備に収まり切れない設備を古い病院舎のままに入れて使っていた。

 

そして古い病院の設備は病室を含めて結構残されていて、

この新形コロナ禍第7波の患者の激増に対して、この古い病室を、

例えば4人の大部屋を、個室にしてしまって(コロナ患者は個室に隔離が原則)

部屋は明らかに古いが、

見たことがないくらいだだっ広い「個室」が出来たようだ。

いずれにしても、私はこの意味もなく広すぎる個室にまんざらでもない。

 

こんな部屋が並んでいるというこの病棟は、

重症化の心配がない患者が選択的に入っている病棟だそうだ。

 

どうも私はその仲間に成れたらしい。

いまだに平熱のまま、危機感を身をもって感じないまま、

私は無事に生還したようです。

ただ、家族にコロナを感染させてしまったようで、

ただ広い病室に一人、何もできない自分に申し訳なさで身が縮む。

 

明日はまた、猛烈に暑くなりそうです。

大きすぎるほどの窓から、夕焼けがキレイだ。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年8月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.