谷 好通コラム

2022年11月20日(日曜日)

11.19.EXキーパーからECOダイヤ、そして本命のフレッシュキーパー

EXキーパーを発売して、

自分の車にも掛けてみて、

洗車をしなくても良くなったEXキーパーの自浄効果に驚き、

EXキーパーを施工した多くのお客様も

同じように「キレイなままで、楽になった。」と言う。

しかしEXキーパーの一番の商品メリットは、その異次元の艶であって、

どのお客様にも、そこに一番の価値を感じていただいている。

「雨が降ったら車がキレイになる自浄効果」はその副産物なのです。

しかし、

他のKeePerとは一線を画した高価格なので、

どなたにもお買い求めいただける商品ではない。

 

しかし、この自浄効果はもっと多くの人に届けるべきと考え、

自浄効果を生み出しているコーティング表面の特徴的な分子構造を、

EXの圧倒的なツヤは求めない形で、もっと安価に実現できないか。

色々と試行錯誤を繰り返しながら、

まず、ダイヤモンドキーパーをベースに

「ECOプラスダイヤモンドキーパー」に実現。

昨年から、従来のWダイヤモンドキーパーと同じ価格で発売を開始した。

 

ECOプラスダイヤモンドキーパー(以降「ECOダイヤ」と称す)は、

そのコンセプトに多くのユーザーから受け入れられた。

ある時、

ECOダイヤを軸とした販促チラシを造って広く配布したのですが、

そのチラシを見て問い合わせてきた人を統計して見たら、

なんと女性が35%もいらっしゃったのです。

KeePer LABOはどちらかと言うと「車好き」の店であって、

「車好き」は男性の方に多く、

LABOへのご来店も男性が85%、女性は15%と大きく偏っていました。

しかし、そのKeePer LABOLがECOダイヤを軸にした販促チラシを出したら、

女性の方に35%も反応していただけたのです。

 

という事は、ここでは男性と女性という形で現象しましたが、

実は、女性に多いのは車を嗜好品ではなく、

生活の一部「実用品」or「ツール」としている方で、

「ECOダイヤ」が謳う「雨降れば車がキレイになる」=「自浄効果」が、

車を「実用品・ツール」と位置付けている人に

多く受け入れられたという意味と考えることが出来ます。

 

カーコーティングとは、昔から自動車が大好きな車好きが買うものでした。

車を嗜好品としている車好きが、

その車に、もっと素晴らしくキレイに乗っていたい為に、

高い価格を払って施工していた商品という傾向が強くあった商品でした。

だから一つの現象として、コーティングと洗車の専門店KeePer LABOには、

比較的男性に多い「車好き」が多くご来店され、

結果的に男性85% : 女性15% と、偏った来店傾向になっていた訳です。

 

そしてECOダイヤが軸となった販促チラシを撒いたら、

それに反応された人が女性35%であったという事は注目すべきで、

ECOダイヤのコンセプトである「雨が降ったらキレイになる」自浄効果が、

コーティングに関心がなかった「車は実用品・ツール」の層にも関心を持たれたのです。

これは今まで出来そうで出来なかったことであり、

将来に向けたマーケットの拡大に大きな可能性が出来たという事です。

 

しかし、

「実用品・ツール」としての車に使うにしてはECOダイヤの値段は高すぎる。

車を嗜好品としている人が考えられる範囲の高価格で、

ECOダイヤの実際の購買は、やはり男性が圧倒的に多くなった。

 

 

しかし、「雨が降ったらキレイになる」自浄効果は、

それを実現する商品が「日用品」のレベルで実現できれば、

今までより遥かに大きなマーケットに貢献できて、

ビジネスとしての可能性も広がる。

 

「日用品」としてのレベルの値段とは、

 

費用対効果の、効果を説明した上で、

例えば女性たちにどれくらいの値段ならば出す気になるか、聞いてみた。

その人の所得にもより、

その人が乗っている車にも寄るが、

ある機関投資家の女性アナリストがおっしゃっていた通り「2万円台」であった。

 

とすれば、

クリスタルキーパーをベースに自浄効果をどう加えるかという事になる。

KeePer技研の開発チームがさんざん試行錯誤した挙句、

結局、ECOダイヤの手法を踏襲するのが、

一番効果があって現実的であるとなったのですが、

それで「2万円台」での提供では、

かなり施工店での材料コスト率が上がる。

しかし作業効率が効率化されることもあってアワーレートは変わらない。

それで、「雨が降ったら車がキレイになる」実用的なメリットを

広くお客様に提供できれば、喜んでいただけるに違いないと決断した。

 

だから最初は、

これを「ECOクリスタルキーパー」と仮称していたのですが、この商品名では、

今までの嗜好品としてコーティングと同じ流れになってしまうので、

あえて、この仕事に直接関わっていない女性に広く募集して、

「フレッシュキーパー」としたのです。

 

そして、紹介のパンフレットとかポスターにも、

従来のKeePerの流れを切り、

トーンマナーをガラっと変えて、当初こんなポスターを造りました。

フレッシュキーパーに決まる前、「e-1キーパー」なんて名前もあったのです。

これが発展して色々なパターンが出来て今に至っています。

 

この「フレッシュキーパー」が、

車好きが集まるKeePer LABOでではなく、

車に乗っているすべての人が訪れるガソリンスタンドなどの

KeePer PRO SHOPやKeePer施工店で、すごい勢いで売れ始めているのです。

まさに、

「フレッシュキーパー」が、

「嗜好品としてのKeePerコーティング」から

「日用品としてのフレッシュキーパー」に生まれ変わっている事の証でしょう。

 

だいぶ長くなったので、

フレッシュキーパーが持っている果てしない可能性について、

後で書いていきたいと思います。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.