谷 好通コラム

2022年11月25日(金曜日)

11.24.店舗プラン会議、コンセプト会議、LABO年末キックオフ。

昨日は店舗プラン会議で、また多くの物件情報があり、

そろそろ一旦新しい物件探しを中断しないと

店舗を企画デザインして建設が出来なくなってしまう数になってきた。

もう、店舗部総出で店舗造りにかかって行かなければなりません。

 

店舗プラン会議は新しい物件に対して、

その立地と地型に合わせてLABO店舗を企画デザインする場で、

店舗部のメンバー5名と、

東・中・西日本LABOの3部長と、会長、社長、専務の全部で11名が集まり、

前半がLABO新店舗の物件候補の吟味と、誰が確認に行くかの手配と、

後半は、貸借の見通しまでが立った物件に対して、店舗のデザインをして行く。

土地の地主さんには、契約書を取り交わす迄に

どんな店舗が出来るのかを「絵」にしてお見せしなければならない。

 

だから、物件数がここまで溜まってくると

このプラン会議は従来、一カ月に一回の定例会議のペースだったが、

一か月に2回以上のペースで開かなくてはいけなくなってきた。

しかし12月になると、

LABOはものすごく忙しくなってくるので、

LABOの3部長や三役の出席が厳しくなってくるので、

多少の欠員があっても、回数をこなしていくしかない。

 

ポイントは、新しい物件探しを一旦やめる事と、

店舗部が全員で、店舗建設に全力でかかること。

 

こういう出店ペースをじっと上げる時には、

すべてのスタッフが、それぞれバラバラに動くのではなく、

一つの方向に、チームワークを持って動いて行かなければならない。

そのチームワークづくりが出来る強いリーダー作りが、

今、一番重要なことなのかもしれない。

 

今日の朝一からは、

フレッシュキーパーを、世間にどう広めていくか、

フレッシュキーパーが持つ「実用品」としての新しいコンセプトを、

どう表現すれば、世の中に好意を持って受け入れられるか、

世の中の新しい常識になれるのかを話し合う会議だった。

フレッシュキーパーの「雨が降ったら車がキレイになる」という実用性は、

本当に、車社会の新しい常識に成り得る大切な事件で、

それを広めるための陣容も、今までとは桁違いのスキルを集めた。

チョット本気です。

 

これは雑誌、日経トレンディウーマンに載せる1ページ広告のデザイン。

今までのKeePerの広告とはひと味違う。

 

 

午後からは大阪に行って、

西日本の「LABO年末キックオフ」と言う

大阪以西のKeePer LABOの全店の店長が集まる決起大会で

ここ数年前から実行されていて、

私は今までこの会には出たことがなかったので興味を持って出席しました。

 

大阪に向かって伊勢湾岸道路を西進する。

空は晴れ上がり、海がきれいに光っていた。

 

「LABO年末キックオフ」という決起大会は、

店長会議の延長線上にあるのだが、

年末というLABOにとっての一番の大イベントを前にして、

運営上の約束事や注意点の確認などを聞くみんなの真剣度がいつもとは違う。

充実していて、いい会でした。

これに欠席するLABO店舗はありえない。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.