谷 好通コラム

2021年10月13日(水曜日)

10.13.声が大きい者が高い給料を取る?

今日の店長会議で「声が大きい者が高い給料を取る。」と言った。

これは自己主張が強い者が勝ちだという意味ではない。

 

比較的大勢が集まって会議をする時、

ほとんどの人が聞こえるかどうかわからない程度の小さな声でしゃべる。

会議での発言というものは、

会議に出席している他の皆に自分の意見を伝える事が目的なのだから、

相手に聞こえるように出来るだけ大きな声でしゃべるのが目的に合っている。

大きな声でしゃべっても、何か都合の悪い事がある訳がない。

それを、わざわざ小さな声でしゃべるのはなぜだろう。

 

自分の意見と発言に自信がないから、わざわざ小さな声でしゃべるのだろう。

誰かに「聞こえない」と言われても、ちょっとトーンを上げるだけで

出来るだけ小さな声でしゃべろうとし続ける。

自分の発言がみんなに良く伝わる事がいやなのだ。きっと。

こういう人は、自分の恥ずかしい気持ちを優先してしまったり、

自分の自信の無さを、相手に発言がよく伝わらないことで逃げようとしている。

つまり自分の都合を、相手の理解より優先してしまう訳だ。

 

仕事というものは、

相手の為になる事をして、その報酬を得る行為なので、

相手の為になる事をせずに、

自分の「恥ずかしい」を優先させる行為は、

報酬を得る行為とは逆行していることになる。

 

だから、会議などで発言する時、

相手に伝わらないような小さな声でわざわざしゃべる人は、

仕事をしていないことになる。

だから、そういう人はいつか報酬を得られなくなるので、

「小さな声でしか発言できない人は、給料が安い。」となり、

その逆に「大きな声の者は、給料が高い。」ということになる。

 

ちなみに今日の会議では、

一番声が大きかったのは鈴置専務で、

次に野崎部長と青山マネージャーだった。

間違いなく高い給料の順だ。

いや、更にずば抜けて声がデカかったのはもちろん私だ、

もちろん、私が一番給料が高い。・・・・かな?

 

本文とは関係なく

おまけ。

Posted   パーマリンク

2021年10月11日(月曜日)

10.11.星占いも当たらなくなってきたのかな

私は朝の「めざましテレビ」の星占いをほとんど毎日見ます。

その結果にそれほど大きく影響される訳でもありませんが、

私の星座「うお座」がトップだったりすると嬉しいし、

ビリだったりするとガッカリしてその一日を注意したりする程度。

だからほとんど影響もされずに気にもしていないのですが、

ちゃんと毎日見るのは、多少影響されているのかもしれません。

 

それが、今日はビリで、良くなかったのですが、

そのことを今日一日中すっかり忘れていました。

ラッキーアイテムだった「メンチカツ」も食べませんでした。

それでも、今振り返ってみると、

今日はぜんぜん悪い日ではなく、

むしろ、絶好調のラボの話を詳しく聞けてすごくうれしかったのです。

その後の会議でも実のある話し合いが出来ました。

そして、

三年前、腰の手術を受ける機会をいいきっかけにして今のこの体制にして、

本当に良かったと思ったのでした。

 

今日が星占いのビリであったとはとても思えない平和な一日です。

私の星占いも当たらなくなってきたのかな?

と思ったのですが、

どちらでもいい事です。

 

先日、平和な日

Posted   パーマリンク

2021年10月10日(日曜日)

10.10.マスクをして平常が戻ってきつつあるようだ

夏が終わって、気持ちのいい季節がやってきました。

その気持ちの良さがキレイマインドの増大にも寄与しているようで、

店舗はものすごく盛り上がっている。

しかし私は、色々なタイミングを考えて、

今日は一切の仕事を離れてリフレッシュすることにした。

 

そして、家族と一緒に犬山の「リトルワールド」に行った。

リトルワールドは子供連れの家族が多く、カップルも多い。

いわゆる遊園地へ、十数年ぶりに行楽だ。

たくさんの国の建物の展示で、その国の食べ物をつまみながら

しかし、これが意外に楽しめておかしかった。

 

しかし、公園はたくさんの家族連れやカップルで満ちていた。

ものすごく広い敷地の公園なのだが、どこにでも人がいて

かつてのコロナ禍で閑散とした行楽地ばかりだったのが嘘のようだ。

久し振りの行楽を皆が楽しんでいる。

しかし、100%の人がマスクをしっかりして。

 

マスク付きではあるが、

また平和な平常が戻りつつあるようで、

すごく嬉しい行楽でした。

Posted   パーマリンク

2021年10月10日(日曜日)

10.10.キーパープロショップWeb予約システムの為に

キーパーラボが、昨年、前年比150%を連続してクリアしたのは、

EXキーパーのデビューとか、

YouTubeの効果が大きく人気が出たとか、

人員を大幅に強化できた事とか、

その有効な要素と共に

オールデジタルのWeb予約システムの導入が大きかった。

 

これが全店に導入されたことによって

Web予約システムからの予約の率は、

前年の30%からこの年は、全来店客の実に60%にまでになったのです。

その60%の中には、

たくさんの新規のお客様が含まれており、

結果的にWeb予約システムは新規客開拓に大きな効果を出し、

この年の販売実績前年比150%連続クリアの大きな影響を与えた。

 

と同時に、いつも店舗をご利用いただいている常連のお客様にとって

手軽に、かつ確実に、お気に入りの(又は便利な)店舗の予約を取るための

必須のツールとしてご利用いただける便利な存在であり、

リピート率の向上に確実に貢献しています。

かつ、

Web予約で予約してくるお客様は前もって、

KeePerサイトでKeePerコーティングの事をよく調べている傾向があって、

ダイヤモンドキーパーやEXキーパーを最初から指名して予約することが多く、

平均単価の向上にも大きな貢献をしています。

 

もっとすごい事は、

このWeb予約システムをどう運営するのか、

シフトの入れ方とか、予約の受け方などを管理が目で見ていると、

それぞれの店舗の問題点が自然に浮き彫りになってきて、

その問題点の見方によって解決法が見えてきて

問題を解決することによって、

低迷していた店舗に有効な改善を加えることが出来ることが解ってきた。

 

その辺のノウハウの蓄積がかなり進んだので、

このWeb予約システムを、キーパープロショップ仕様に一部改造し、

10月下旬、とりあえず、

いっせいに、6,159店のキーパープロショップに装着し、

店舗の任意で稼働できるようにすることにしました。

 

それを稼働ONにするかどうかは、一店舗一店舗の自由な選択となるが、

それを正しく進めるために、

Web予約スクールを全国のトレーニングセンターで、

集中して開催していく段取りになっています。

 

これから年末にかけて、

キーパープロショップに静かな一大事がおきます。

Posted   パーマリンク

2021年10月08日(金曜日)

10.08.長い時間と、一瞬の時間

過去を振り返った時、

年月が過ぎるのはあっという間だなぁと思う。

 

時間は圧倒的な正確さで進み続けていて、

絶対にそれを止めることも出来なければ、逆戻りすることも出来ない。

SF小説や漫画、映画には、、時間を遡って過去に戻ったり、

未来に飛んで行くようなタイムマシーンが出てくるが、

どんなに科学が進んでもこればかりは出来ないのだろう。

 

アインシュタインの相対性理論では、

スピードを上げて移動すれば時は遅く流れるようになるそうだが、

それは光速レベルのスビートの話で

我々が実際にその恩恵に預かるようなことはない。

 

時間は無常なまでに正確に何があっても、何もなくても進み続ける。

それを早いと感じる時と、遅いと感じる時があるが

それはその人が置かれた状況の違いによってその違いを感じる。

 

たとえば、

素敵な人とのひとときは「時間よ止まれ」と思うが、

無情にも時は流れ、すぐにお別れの時が来てしまう。

そんな思い出はいっぱいある。

 

反対に、たとえば、

三年前、私が脊柱管狭窄症の手術を受けた時、

手術が終わって全身麻酔から覚めた時、

私は暗いICU(集中治療室)に一人横たわっていて、

手術をした腰が痛くて、全く身動きもできないが意識だけがはっきりして、

「今、何時なのか」が解らず、ものすごく不安になって

「時計を持ってきてくれ」と、必死になって怒鳴った。

そして一晩、持ってきてくれた時計を睨みつけながら過ごしたあの一晩は、

まるで一か月間のような長くつらい一晩であったことを鮮明に憶えている。

あの時、もう手術は二度と嫌だと思ったが、

一番つらかったのは、

痛さそのものでもなく、

実に、あの時間の異様なまでの長さであった。

 

私の過ごした約70年間はどうだったのだろうか。

最近の約21年間は、このブログにほとんどすべてが記録されているが、

その内容の膨大さには自分でも驚くが、

今の自分には一瞬に思える。

私の一生はどうも、面白くて、楽しくて仕方のない時間だったのかもしれない。

何をやっても面白かった。

でも、仕事が一番面白かったのは間違いない。

 

そう書いたら、涙が出てきた。

 

もう、秋です。

Posted   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.