谷 好通コラム

2022年06月28日(火曜日)

06.28.今日は夏の賞与の支給日ですが、

私がサラリーマンを辞めて独立したのは32才の時ですから、

今が70才なので、ボーナスを貰わなくなってからもう38年も経つ訳です。

18歳の時働き始めたので、ボーナスを貰っていた期間は14年間。

道理でボーナスの感動を、すっかり忘れてしまっている訳です。

 

昭和の時代のサラリーマンは、

ボーナスが出たら、夫婦でデパートの進物催場に行って、

会社の上司へのお中元やお歳暮を選んで送ったものです。

中堅の機械製作所の役員であった私の父の家(つまり私の子供の頃の家)には、

夏の中元時期と、冬のお歳暮の時期には、

会社の部下からの送られた無数の贈物で、

家の中が巨大な山のようになっていた。

ハムやら、酒やら、無数の贈り物でその数、五十個以上はあったのではないか。

その無数の贈り物は、

お中元はお盆の、

お歳暮はお正月の、父の里帰りの際に、

本家への贈り物として、まるで父の凱旋の戦利品のようにして持ち込まれた。

 

現代は、そのすべてが昔の悪しき習慣として無くなってしまい、

数百人の会社の長になった私の家にもほぼ何も届かない。

別に不満でも何でもないし、

自分がサラリー時代の昔でも、

私は上司に贈物をしたことが全くなかったので、

誰からも贈物が来ない事に、微塵の違和感もありません。

昔のあの光景が懐かしく思い出しただけです。

 

夏の賞与が無事に支給され、一斉に振り込まれた通知のメールを承認して、

今日は、仕事が昼間に集中したので、夕方6時前に帰宅してしまい、

家で時間がたっぷりあったので、

つい、缶ビールを4本も飲んでしまい、(随分言い訳がましい書き方をしています)

いい気分になって、

半世紀も前の昔、実家の座敷に山積みされた贈物の風景を、

ふと、懐かしく思い出してしまったのでした。

Posted   パーマリンク

2022年06月27日(月曜日)

06.27.LABO八王子店とLABO板橋店の一旦休業

2008年にオープンした「KeePer LABO板橋店」は、

石油元売り会社ENEOSの子会社ENEOSトレーディングが運営する

Driveショップ「カレッツァ板橋店」の敷地の一部を借り受けて、

キーパー技研㈱が、「KeePer LABO板橋店」として建設、運営を始めました。

 

「KeePer LABO八王子店」は、

同じくENEOSトレーディングが運営する

ドライブショップ「カレッツァ八王子店」の敷地に建てた店舗で、

2012年(不確実ですが)にオープンして、順調に運営を続けてきました。

 

しかし最近、親会社の将来に向けて保有財産の縮小などの戦略の中で、

両カレッツァ店のある広大な用地の売却が決定され、

Driveショップ店舗の閉鎖も決定されたのです。

それに伴って敷地内で運営していたKeePer LABO両店も退店を余儀なくされ、

移転の準備期間を経て、正式に今の店舗をたたむことになりました。

 

KeePer LABO八王子店は、移転先が、

約3.8km離れた、八王子市大和田町(セブンイレブン跡)に決まりましたが、

現在のセブンイレブン店舗の退去の都合で

LABOへの店舗改装の工事予定が遅れ、

新店舗は2022年9月中旬のオープン予定となり、

現在の店舗からの移転に時間的ギャップが出来てしまい、

お客様にはご迷惑をおかけしますが

最新の設備化で、大幅な拡充をした新店舗としてオープンします。

 

KeePer LABO板橋店の移転地は、相当に探したのですが、

良い物件に絞り切れないまま、今に至り、

移転先がいまだ、はっきりと決まっていません。

しかし、移転先を必ず見つける覚悟で鋭意探しており、

今回のKeePer LABO板橋店の閉店もあくまでも”一旦閉店”とします。

新店舗用地が決まり次第、早くお客様にお知らせし、

新・板橋店としてご紹介したいと思います。

 

 

昨日、KeePer LABO八王子店の「一旦」最後の運営が終わったとの連絡が、

担当の三津原マネージャーから入っていました。

 

————————————————————————————————–

皆様へ

 

キーパーLABO八王子店は、カレッツァ八王子閉店に伴い
2022年6月26日(日)最終営業で一旦閉店し
現在の八王子店から、約3.8キロ離れた
八王子市大和田町(セブンイレブン跡)に
2022年9月中旬、移転オープン致します。
キーパーLABO八王子店は2008年にオープンした店舗です

(もしかしたら間違っているかもしれません・・・)
お客様からは、
カレッツァとキーパーLABOが無くなるのは寂しいよと沢山お声を頂きました。
お客様から新八王子店の期待を大きく感じますので、
お客様に喜んで頂けるお店を作っていきます。

現在の八王子店のメンバーは移転するまでの期間
近隣の店舗で働いていきます。

新八王子店、皆で盛り上げていきます。
宜しくお願い致します。

 

キーパーLABO八王子店

Posted   パーマリンク

2022年06月27日(月曜日)

06.27.この暑さに対して、経営者としての勝負どころ

まだ六月だというのに、この酷暑は、

通常の気候のブレの範囲ではなく、

どうしても地球温暖化による地球規模の気候変動の結果なのだろう。

恐ろしい事です。

 

三万年以上もの大昔に死んだマンモスの子供のミイラが、

永久凍土の中から発掘されたとYahoo!NEWSに載っていた。

そのマンモスのミイラは保存状態が非常に良い状態で発掘されたそうだ。

という事は、このミイラのマンモスの子供を閉じ込めていた「永久凍土」は、

三万年以上も凍り続けていて溶けたことが無かったという事であり、

今回、初めてそれが溶けたから、発見、発掘されたという事だ。

考えてみればこれは恐ろしい事で、

人間の文明の歴史が何千年かあったとしても、

地球規模で大気の組成を変えてしまうほどの産業革命は、

18世紀から19世紀に起きているので、せいぜい200年ぐらいの事で、

それも劇的に化石燃料を燃やし始めたのはたかだか100年程度前からだ。

そう考えると、

たった100年くらいの大気の変化、劇的な二酸化炭素の増加が、

30,000年以上溶けなかった永久凍土を、溶かしてしまったことになる。

これを地球規模の自然の気候変動のサイクルの一部だとするのは、

いかにも能天気に過ぎると言わざるを得ない。

 

最近は、機関投資家からのインタビューでも、

この会社のESGに関連して環境問題への取り組みについて

よく聞かれるようになった。

KeePerが開発して提供しているケミカル類は、

ドイツSONAXの影響もあり、以前からその面については厳密に対処している。

それだけでなく、

節水効果の高い「ECOダイヤとECOクリスタル」を開発して、

積極的に、環境問題への貢献を進めて行こうとしています。

 

しかし、KeePer LABOなどでの現場の仕事は、

酷暑以来、過酷を極めています。

コンクリートのフィールドの上の気温は楽に40℃を越え、

いかに洗車が「水」を使ってやる作業とはいえ、

洗車をしている者が水を浴びている訳でもなく、

水から得られる冷気はほんのわずかでしかありません。

この時期の洗車は、やはり、過酷です。

その反面、

各種のKeePerコーティング作業は、

空調が完備しているブース内で行うので

昔に比べれば遥かに楽になりましたが、洗車はやはり屋外で行う事になるので、

大変は、やはり大変です。

それでも、昨日の京都店の屋外の洗車作業用の場所を見たら、

日陰を造る屋根が、二重構造になっていて、熱気を防いていました。

 

洗車・コーティングのビジネスは、

純粋に”サービス業”なので、その付加価値を造り出すのは店舗でであり、

作業者の「技術力」と、「キレイにしたいという気持ち」が大切ですが、

経営者としては、

彼らが作業を行う「作業環境」をいかに高品質に保てるかが勝負です。

経営の努力目標ではなく、まさに経営の勝負どころです。

ブース内の空調はもちろん、

この夏本番までに、すべての店舗のブース天井の断熱強化の工事を終え、

過酷なまでの暑さの時には低下していた冷房能力を、万全に確保しました。

 

それでも、この暑さに対して、

今朝の日報報告で、賀来社長の悲鳴に近いようなメッセージが届きました。

 

以下、転記

—————————————————————————————-

おはようございます。
日次実績報告書をお送りします。

今年は早くも、梅雨明け宣言が発令されそうです。
なので、もう熱中症対策を徹底します。
9番・5番の徹底は当たり前として、店長やチーフの指示がなくとも、
自らの意志で、最低1時間に1回は休憩をし、体をクールダウンさせます。

もし、体がだるい、頭痛がひどくなったなど、
体調が悪くなった場合は、至急作業は中止し、冷えたスタッフルームで休憩。

とにかく無理は絶対にダメです。

また、私生活も重要になってきます。
一番ダメなのが、食べない事。
この時期は、体に栄養がなくなると熱中症になりやすいです。
そして、寝不足も効きますので、夜遊びは控えます。
体を使う仕事なので、体調管理には万全を期します。

熱い夏が始まります。

 

賀来聡介


この会社は、大丈夫なようです。この勝負に勝てそうです。

Posted   パーマリンク

2022年06月26日(日曜日)

06.26.往復でたった250km程度ですが、何年ぶりかの長距離運転。

4年ほど前から体を壊した私はほとんど出張をしなくなって、

だからこの4、5年の間に造られたKeePer LABOの新店にはほとんど行っていません。

それどころか、その用地の現地確認すらしていない店舗が続きました。

だいたい今、物件が出ると、その条件の検討もそうですが、

GoogleのStreet viewで当の用地の立地と周辺環境、視認性をしつこく見て、

だいたいの是非は決まってしまいます、

私も社長も専務も、

今は、大体この段階で是非を出してしまっています。

だけど、

社長と専務が必ず現地に行き、リアルで見た上で最終正式決定としていますが、

Street viewでの仮の結論を大きく覆した例はあまりありません。

世の中、本当に便利になったものです。

 

だから以前あった、

私が、事前にその物件の生の姿を見ない内は、

新店としてのGO出来ないというルールは、ずいぶん以前に無くなっています。

と言うよりも、私がちっとも見に行こうとしないので、

みんな、待っていられなくなったという方が正解ですが。

 

というような訳で、私が見ていない店舗が何軒かになってきているので、

手術して、すっかり元気になったからには、

少なくともすでに出来上がっている店舗は、早く、全部見なくてはと、

そう思って前回は「姫路店」と「博多店」そして「富山店」を見たのですが、

まだ、「茅ヶ崎店」「厚木店」「佐倉店」「白石店」「前橋店」・・・・・

多分まだ他にもあると思いますが、

全部、これから絶対に今年中に、必ず、見に行きます。

 

しかし、そう思っている間にも、

「京都店」が昨日オープンして、

「山形店」「岐阜正木店」と、月内に次々とオープンして来ます。

これは、うかうかしていると間に合わないという事で、

早速今日は「LABO京都店」を見に行ってきました。

 

そして、今日のすごいところは、

何と、往復約300kmの内、250kmまでを(50kmは家内が)、

私が、自分で運転して行ってこれたという事です。

ある程度距離のまとまった長距離運転は何年振りかの事です。

「立って歩く」ことは、まだ少しおぼつかない今ですが、

短いながらもそれなりの距離の運転を自分自身で出来たことは、

私にとって、体にまた力がみなぎってくるような嬉しい出来事でした。

 

 

「LABO京都店」は、最新の店舗だけあって、

お客様にとって店舗の存在感と気配りが行き届いているだけでなく、

基本、こちらのスタッフがお車を移動する機会を出来るだけ無くす工夫で、

コーティングと洗車の作業可能なキャパシティが、

何年か前から劇的に増えている。

LABO京都店の場合は、

密閉された空調完備のコーティングブースが常時7台分と、

併設のトレセンのブースが研修会の無い日(特に土日)は、4台分増える。

だから、繁忙期にはコーティングブースが11台分と、

洗車から拭き上げ、仕上げまでその場で出来るスペースが4台分と、

超・余裕ありまくりの大型店舗に仕上がっていました。

それよりも何より良かったのは、

密閉・空調完備の広大なコーティングブースの中で、

みんなが汗一つかかずに、

辛い表情を見せることもなく、

むしろ、楽しそうに、

一台一台のお客様のお車をピカピカにしてくれている姿が、

(家内曰く)「幸せに見えた」ことでした。

Posted   パーマリンク

2022年06月25日(土曜日)

06.25.本日、KeePer LABO京都店オープン。初日447,522

キーパーLABO 京都店 新規出店のお知らせです。
以下、KeePer LABO運営部からのお知らせを、以下転記。
————————————————————————–

 

本日、6月25日(土)
京都府京都市伏見区に、「キーパーLABO 京都店」が新規オープンしました。

直営店としては、94店舗目(FC含む105店舗目)の店舗となります。
関西には10店舗目、京都府内は、初出店です。

店舗のキャパシティは、コーティングブースが7台分と、洗い場・仕上げ場が4台分です。

※京都店は、トレーニングセンターを併設した店舗となっているため、
トレーニングが開催されていない土日には、さらに4台分が使用可能となり、
11台分のコーティングブースを有する店舗となります。

コーティングブースでは、洗車から、爆ツヤなどの下地処理ができ、
洗車スペースも、「車を動かさない洗い場兼仕上げ場」になっているので、
キーパーコーティング、手洗い洗車、車内清掃などが、
施工を始めたその場所で、最後まで仕上げる事が出来ます。

そして、コーティングブース内にボックス席を設け、
お客様と一緒に車を見ながら、ご要望を聞き、受注を行えます。
また、ゲストルームは、どの席からも、車がキレイになっていく姿が良く見えて、
ゆっくりとお待ちいただくことができます。

最高の品質で施工をして、
キレイになった車の仕上がりに感動していただき、
京都のお客様に愛される店舗を目指します。

京都・奈良・滋賀のキーパープロショップの皆様にも、
お役に立てるサポート拠点になれるよう、スタッフ一同、力を尽くしてまいります。

今後とも、よろしくお願いします。

 

KeePer LABO運営部

———————————————————————————

 

京都店は満を持してのオープンです。。

マーケットとしては十分過ぎるほど濃い地域だが、

貸し物件が皆無と言っていいほど出ない地域で、

進出が非常に難しいだけに、ぜひともKeePer LABOを出したい地域であった。

必要に迫られて、結局約300坪を買い、

これまでの店舗開発の7軒分以上の資金投資をした。

そういう意味も含めて、今日、まさに満を持してLABO京都店のオープンだ。

 

店長はエース川添君を当て、注目のオープン初日の実績は、

【本日】

実績:447,522円

来店台数:21台 (平均単価:21,311円)

(PM)5台 (C)5台 (DA)3台 (EX)0台

人時生産性:8,862円/時

 

(※ちなみに昨日オーブンした「LABO前橋店」は、

一日目と二日目で約66万万円と大健闘しています。。)

 

オープンは、店頭の開店予告横断幕だけで、

何ら特別な販促はしていない。

二週間ほどかけて地域指定郵便を使ったDMを1万枚贈るのと、

地域のユーチューバーからの取材をお願いしてあるので、

徐々に地域での認知度が拡がって行くので、ここからまた盛り上がって行くはず。

 

初日がこのレベルであると、ひょっとすると、

フルに日数のある7月には、

ひょっとすると、初めて、オープン実初月1,000万円を超すかもしれない。

そんな暑い真夏の白日夢を見てしまうような

京都店のすさまじぃキャパシティと、化け物店長(課長)なのです。

Posted   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.