谷 好通コラム

2021年12月02日(木曜日)

12.02.主観的・2021年11月のKeePer LABO直営実績報告

【前書き】

この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。

 

————————————————————————————————————-

今年の11月は、昨年の11月と同様に降雨量が少なく、

日照時間もたっぷりあって、天候に恵まれた月でした。

昨年の11月は新型コロナ禍も真っ盛りで、

ユーザーの清潔意識が高まっていた最中であり、

EXキーパーがYouTubeで大変盛り上がっている時期でもあって、

前々年比156%の驚異的な売り上げ実績が上がっていて、

この実績に比しての今年は、

随分ハードルが高い月した。

しかし、その昨年に対して更に来店客数が110.4%に増え、

更にEXキーパーなども140%に増え全体の平均単価まで106.6%と上がり、

既存店のみでも110.4%✖106.6%=117.8%と上がって、

さらに今年は新店が昨年11月より5店舗増えているので

88店舗全体で前年比124.4%と着実な上昇となった。

 

前年が驚異的に上昇をした翌年の今年、更に124.4%上昇出来た事は、

前々年比で言えば156%✖124.4%=194%であり、

ニーズの更なる高まりと、みんなの頑張りと向上心を高く評価したい。

 

東西に分けて店舗別に見て行くと、

東日本では全39店舗の内、

トップの16,220千円の世田谷店をはじめ

実に7店舗までが大台10,000千円を突破しており、

大台にもう百万円そこそこで王手をかけている店舗が8店舗もあって、

決して繁忙期でもない平月の11月に、

約半数が大台に絡んでいるのは、

東日本のマーケットの濃さと、このビジネスに対する支持の高さが分かる。

39店舗の平均は8,075千円であった。

 

対する、西日本の49店舗は、

福山店の8,377千円をトップに平均5,551千円で、

東日本の約7割の実績だが、平均単価はほぼ同じの13,256円/台であり、

マーケットの密度から考えれば十二分であり、、

地代などのコストを勘定に入れれば、

東日本のそれに対して対等の採算性を持っていると言える。

Posted   パーマリンク

2021年12月01日(水曜日)

12.1.今日は久しぶりにほぼ丸一日の仕事をしました。

今日は久しぶりにほぼ丸一日の仕事をしました。

昨日は仕事の途中でくたびれてしまい、寮のベッドで1時間位休みましたが、

今日は、途中で水をいっぱい飲んで仕事を続けたら、大丈夫でした。

手術明けの回復期は、水の補給が一つのポイントのようです。

新発見です。

特に昼からは山ほどの話をしました。

約1か月前の入院以後、初めてぐらいのまとまった話をしました。

入院中から、改めて、

自分の人生の事から、

会社の事から俯瞰的にたくさんの事を考えて、

特に仕事の事では、中長期的な戦略について多くの事を考える事が出来ました。

そうしたら、商品についての戦略的な考えも、随分大胆な発想が得られましたし、

販売についても、戦略的に納得のいくような発想を得られました。

たまには入院もいい事なのかもしれません。

 

しかしそれにしても、

ちょっと長めに入院しただけなのに、

筋肉の落ち方、特に下半身の筋肉の落ち方は深刻で、

手術前のダイエットで体脂肪を落とした時には、

2年間もかけて苦労して1kg刻みに約15kg落としましたが、

三週間の手術と入院では何もしないのに、

あっという間に体中の筋肉が5kgも落ちて、歩くのも大変になったのです。

筋肉が落ちると気力まで落ちたような気がします。

人間の体って本当に不思議ですね。

 

でも、仕事は退院後1か月経ってからと言われていたものを、

ほとんど退院直後から少しずつ始めてしまったので

二週間後にはほとんどフルタイムで仕事が出来るようになって、

そこそこ歩けるようになって

入院中にため込んだ纏まった話を、

かなりの気合を込めて出来るようになったのは、

我ながら、無理矢理に仕事をやり始めてしまって、良かったと思っています。

でも、これは私の自分勝手かもしれません。

 

でも、すでに入っている12月中のびっしりの仕事は、

全部やり切れる自信が沸いて来ています。もう、大丈夫です。

 

本文とは関係なく

1月のオートサロン出展のブースが大体決まってきました。

Posted   パーマリンク

2021年11月30日(火曜日)

11.30.やり過ぎは禁物だが、やるならとことん行ってしまう。

今朝8時から約1時間、リハビリの意味でトレーニングをしました。

昨日、病院に行って「もうトレーニングはしても大丈夫ですか?」と聞いたら、

先生は「どんどんやって下さい。腎臓にも体力の復活の為にも、有効です。」と

言われたので、初回の前回はマッサージが主体のリハビリでしたが、

今回はスクワットをはじめそこそこに、らしい筋トレをやったのです。

それでも「あ~くたびれた。」と言う程度で終わったのですが、

すぐに会社に出てきて、

対面でのIR(機関投資家とのインタビュー)を一組こなしたら、

ガクッと体に力が入らなくなって、参ってしまったのです。

私は昔から、加減をしながら物事をやるのが苦手で

ついやり過ぎてしまうのが常でしたが、

今回も、やってしまったようで、

本社2階の宿泊設備(寮を兼ねる)の1室で、1時間ぐらい寝たら、

また体が動くようになって、午後からの仕事を何とかこなしたのです。

 

物事、程度を考えながらやらなければならない。

私にとっては難しく、行くならとことん行ってしまえになりがちな私です。

 

来年も見据えて、

KeePerの普及戦略が決まって来ました。

行くならとことんやって行けるような気がしています。

 

スーパーGT#37&#61ポスターがもう4種出来てきました。

Posted   パーマリンク

2021年11月28日(日曜日)

11.28.富士最終戦で僚友#36au TOM’Sが大逆転チャンピオン

今日、富士スピードウェーでスーパーGTの最終戦が行われた。

我が#37KeePer TOM’Sは、残念ながら、

この時点でチャンピオンになる資格はすでになく

僚友の#36au TOM’Sが、僅かにチャンピオンのチャンスが残されていたが、

たとえ#36がこのレースのトップを取っても

ここまでのシリーズトップの#1STANLEY NSXが7位以下になる必要がある。

#36のチャンスは極めて少ない可能性しか残されていない。

 

予選は#37が3位で、#36が5位であったが、

#36はこのレースは絶対に優勝するだろうと戦前から断言するほど絶好調で、

決勝スタート直後から#36の関口選手は抜きまくって、

あっという間にトップに立って、

ゴールまで突っ走った。

 

我が#37は、

#36の後ろで善戦し最終的に2位でゴールしたが、

これが今シーズンの最高位で、

チャンピオンには程遠い残念なシーズンで終わった。

 

#36が素晴らしいパフォーマンスでこのレースを優勝している間に、

シリーズチャンピオンに一番近かった#1 STANLEY NSXは、

途中まで5位で走り続け、このまま行ったらチャンピオン獲得と言う場面で、

300クラスの同じNSXの不注意で#1と接触して、

#1は最後尾まで落ちてしまうという大どんでん返しがあって、

劇的に#36が初優勝と同時に初シリーズチャンピオンが実現したのです。

 

ちょうど昨シーズン、

#37KeePer TOM’Sが最終戦までシリーズトップだったのに、

最終戦の最終コーナーでガス欠して、シリーズチャンピオンを逃したのは、

去年は#37が大逆転”悲劇”の主人公で、

逆に今年は、#36が大逆転”喜び”の主人公になった。

同じTOM’Sの2台が、

二年続けて、まるっきり逆の主人公になった訳で。

そういう意味では、TOM’Sは本当に大したチームであると改めて感心した。

 

今年は、#37だけでなく、

300クラスの#61 SUBARU BRZを、

サブスポンサーとしてサポートさせていただいたが、

その#61 SUBARU BRZが、

この最終戦で、見事にシリーズチャンピオンを獲得した。

SUBARUはSGTの300クラスに挑戦し始めて長い月日を費やし、

念願の初チャンピオンとし言う事で、

井口選手、山本選手とともに大感動のチャンピオン獲得であった。

SUBARUの皆さんの喜びはひとしおであったに違いない。

私たちも本当にうれしかった。

 

スーパーGTは、成績によるウェイトハンディ性が功を奏しているのか、

最終戦までぶっちぎりのチームが出来ず、

抜きつ抜かれつのシリーズポイントレースで、

最後までハラハラで楽しませてくれる。

 

来年はどうするのか、

もちろんスーパーGTへの参戦は続けることは間違いない。

#37 KeePer TOM’Sも、

#61 SUBARU BRZも応援する事になるのも間違いないが、

どんなチーム構成になるか、ドキドキです。

 

今日は良く晴れて、

でもすごく寒くて、名古屋から100km以上離れた「伊吹山」が雪をかぶっているのがよく見えました。

Posted   パーマリンク

2021年11月27日(土曜日)

11.27.もう秋を終えて完全に冬になりつつあります。

とても短い秋が終わりつつあって、気温はもう完全に冬です。

年末のキックオフミーティングも終わって、

年末にかけての販促策も出て、

年末年始の営業と正月休みのポスターも造りました。

 

この頃は年末本番前の、

急に冷えて「空っ風が吹く」季節であり、

ふと、意表を突いたように店が少し暇になっている時期なのですが、

みんなから送られてくる実績報告は、全く衰えもせずに盛んです。

この11月も、

前年実績が前々年比で150%越しているので、

今年はさすがに伸び悩んで良い筈なのですが、みんな元気です。

 

街路樹のイチョウの黄色が眩しい季節です。

Posted   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2021年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.