谷 好通コラム

2024年02月09日(金曜日)

02.09. №38 KeePer CERUMOが大活躍するしかありません。

去年の今頃は、

スーパーGTにおいて、KeePerをメインにまとった500クラスカーが、

2023年シーズンは無くなる事がはっきりした時期です。

メインサポートを受け入れるチームが、結局、見つからなかったのです。

 

9年間続いた№37のメインスポンサーが失われる事を知ったのは、

2022年のシーズンが終わった10月下旬であって、

そこから新たなメインスポンサー先を探すこと自体、

今考えると、

事実上不可能だったのです。

だから、仕方なく

2023年はサブスポンサーで何台かをサポートさせていただき、

スポンーサード費用全体ではフルの時とほぼ同額になったのだが、

広告効果はフルの時とは比べようもない程低かった。

その事は、ある程度、分かっていたので

2024年シーズンには何とかフルカラーを目指して

2023年の早い時期から色んな所に、いろんな形で働きかけをしていて、

やっと、色んな”縁”と幸運が重なって

2024年シーズンを、

№38 CERUMOをフルスポンサードすることが出来るようになったのです。

 

2022年限りで9年関フルサポートしてきた№37 KeePer TOM’Sを失って、

2023年をサブスポンサードのみで過ごしたあと、

1年のブランクだけで№38 KeePer CERUMOのフルサポートを得られたのは、

それ程のことのように感じられないかもしれないが、

実は、本当に大変なことなのです。

たまたまの偶然と、ラッキーと、色々な方のご協力とご努力を得られて、

初めて実現した結構おおごとなのです。

 

そのCERUMO(セルモ)には、

人気ドライバー立川祐路選手がドライバーを昨シーズン限りで引退し、

チームCERUMOの監督に就任すると同時に、

株式会社セルモ(英: CERUMO Co., Ltd.)の社長にも就任している。

このこともニュースだが、

スーパーGTに出場する№38 KeePer CERUMOには、

従来からの信頼性が高く速いドライバーとして石浦宏明選手と共に、

ホンダのARTAから移籍してきた大湯都史樹選手が、

素晴らしく速いという評判と、若い人たちに圧倒的な人気があって、

№38 KeePer CERUMOの前評判が驚くほど高いそうなのです。

 

これはもう2024年のスーパーGTは、

№38 KeePer CERUMOが大活躍するしかありません。

みんな今から楽しみで、

仕事にも力が入いるというものです。

 

サーキットで配布しようと準備している№38 KeePer CERUMOステッカー。

 

KeePerキャップも№38が決まったので新しくします。

デザインはさらに修正し(フレッシュキーパーをプラス)、発売はもうすぐ。

KeePer TIMES2月号のフライイング掲載。

ページのトップへ ページのトップへ

  • 最近の記事

  • プロフィール

    代表取締役会長兼CEO

    谷 好通

    キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
    読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

  • カレンダー

    2024年2月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    2526272829  
  • リンク集

  • 過去の記事

  • RSS1.0

    [Login]

    (C) KeePer Giken. All rights reserved.